選択されているタグ : AMATEURISM

タグを絞り込む : youtube お店からの告知 ゴルフのアイテム ゴルフのスキル ゴルフ理論 四方山動画

dscn3036.JPGゴルフのスウィングについて論じていると、肩に関した話がよく出てきます。「肩が回っていない」「肩が開いている」「肩が落ちている」などがありますが、そうすると「肩」はスウィングのなかで重要な役割を果たしていろ用に思われますが、果たして本当でしょうか?

以前もここで述べましたが、「肩が落ちる」とはどのようなこと(状態)を言うのでしょうか?この言葉は、プロ、アマ問わずよく使われます。「右の肩が少し落ちたから、ちょっとダフッちゃった」というようにです。

右の肩が落ちる、または落とすということを、スウィング中に意識的にしてください、と言われたら、出来るでしょうか?私には出来ません。写真にあるタイガー・ウッズのインパクトを見れば、右の肩は左の肩よりかなり低い位置にあります。しかし、これはミスショットではないでしょうし、また殆どの一流選手のインパクトでの右肩は、左肩より低い位置にあります。ですから、これは肩が落ちたという状態ではないはずです。

もっとも、右打ちの場合、右手の方が左手より低い位置でグリップしているので、インパクトの時、右肩が低くなければボールは打てません。肩が落ちると感じるのは、インパクトで必要以上に体重が左足に乗りすぎて、それにより骨盤が右に傾斜し、骨盤の上にある背骨が右に傾斜して、いつもより低いところを右肩が通過する感覚を、肩が落ちると言っているのでしょう。

左足に体重が乗りすぎる人のフィニッシュは、俗に言う「明治の大砲」というもので、フィニッシュのあたりで右足に体重がかかるスウィングをいいます。

肩が落ちているのではなく、背骨が右に傾斜しているのです。「肩が開く」も全く同じで、タイガーの写真をもう一度見てもらうと、顔はボールの方ではなく、右足の方を見ているようです。このようなインパクトをするプロをよく見ますが、顔を右に向けると、背骨は左の方を向きづらくなります。背骨の上に顔が乗っているからです。

肩の動きに問題がある場合、背骨の向きや傾斜を直すことにより、問題が解決されることが大半でしょう。顔の向きは、かなり大事です。

可変式ドライバー

dscn30121.JPG写真は、最近話題になっているドライバーで、ヘッドのネック部分を調整することによって、ロフトやライ角を変えることができます。ソールのヒール寄りに穴が空いているのが分かると思いますが、そこに写真にあるレンチを入れてシャフトを緩め、シャフトとヘッドのつなぎ目にある目盛りを合わせることによって、16通りある中からロフトおよびライ角を選べます。

このクラブの標準的なロフトは9.5度ですが、10.25度、11.0度、そして8.75度に変えれます。ライ角は、標準的なものより1.5度アップライトに、0.75度フラットに出来ます。 球筋がスライス気味であれば、アップライトに換えることにより、かなりスライスを減らすことが期待できる、かなり優れたクラブと言えます。

このクラブを使うに当たり注意すべきことは、よいショットが打てないからといって、頻繁にライ角やロフトを変えないことです。道具を使ってボールを打つ競技で一般的なものは、野球とゴルフがあります。ゴルフや野球のバッティングの技術は、常に動いている(変化している)ものである事を忘れてはいけません。かなり昔のことですが、ゴルフ雑誌にトーナメントプロに対するインタビューで、1シーズンを通して、調子のよい期間はどのくらいであるかというものでした。

正確に覚えているわけではありませんが、一番短い人(プロゴルファー)で2週間、長い人でも数週間であったことを記憶しています。そして、勝ち星の多い人ほど短かったことも覚えています。

自分の今の球筋にクラブを合わせてしまうと、自分の本来のスウィングを見失う危険が極めて高いということです。昔、トーナメントに頻繁に行っていた時、通算で10勝以上勝っていたある女子プロと話していた時、彼女が「私は、調子の悪い時は絶対クラブを替えない。もし、クラブを替えたら、いま自分がどうなっているのかまるっきり分からなくなってしまうから。」と言っていました。なるほど、彼女は何勝も出来るプロなんだと感じました。

前にもここで書きましたが、自分のゴルフの基準となるものを、クラブにした方がよいと思います。1,2ヶ月前まで打てたクラブが、今打てない、クラブは何も変化していないので、自分のスウィングが変化しただけです。日々変わっていくスウィングを、どうしたらより安定したゴルフが出来るのか、今まで普通に打てたクラブを、また普通に打てるように自分のスウィングを見直すのが、1番よい方法でしょう。

このクラブの1番よいところは、ロフトを変えれることです。プロのクラブを作っていた時、よくプロに3種類ぐらいのロフトのドライバーをも打つように言っていました。風が強くで、フェアウェイが乾いているコースコンディションなら、1番ロフトのたっているドライバーを選択し、雨の日にはロフトの一番ねているものを使うということです。9,10,11度のドライバーがあり、普通の状態の時は10度を使う。そして、風の時や弾道を抑えたい時は9度を使い、雨の日やドライバーの調子が悪い時は11度を使う。このように使い分けることは、非常に大切だと思いますが、3本もドライバーを持つと余分なお金がかかりますから、一般のアマチュアの人には勧めませんでしたが、可変式ドライバーなら、1本で今言ったことができるので、非常に武器になるクラブと言えます。試す価値のあるクラブでしょう。

ニューモデルウェッジ

dscn2896.JPG新しいウェッジを発売開始しました。写真で分かると思いますが、48,50,52,54,56,58,60度と7種類のロフトを用意しました。特徴としては、やや小ぶりのヘッドの大きさにして、操作性を高めることと、ヘッド形状をやや丸めにしたことにより、フェースをオープンやクローズにした時にあまり違和感を覚えないようにしてあります。

この数年、ウエッジのロフトについての要求が多くなり、同一のモデルでロフトのバリエーションを作る必要性を感じ、今回にいたりました。私なんかは、「ちょっとフェースを開けば、おおきなロフトのウェッジなんかいらない」と雑に考えてしまう癖があり、人によってはフェースを開き辛い場合があり、特にシャンクの危険性を感じている人には、フェースをひらくのはちょっとした恐怖を感じるのかもしれません。2度の間隔でウェッジが出来たので、少し満足しています。

このウェッジの標準的な仕様は、シャフトがダイナミックドールドまたはGS95で、グリップはツアーベルベットラバーとなり、販売価格は税込みで9,800円です。勿論、オーダー可能ですので、お気に入りのシャフトやグリップを装着できます。それに伴う料金の変更は、お問い合わせ下さい。試打クラブを用意しておりますので、一度お試し下さい。