選択されているタグ : AMATEURISM , ゴルフ理論

タグを絞り込む : ゴルフのスキル

調子の悪い時に使うクラブ!?

私が今使っている3番アイアンの写真で、上がポケットキャビティのクラブで、下がフラットバック(またはマッスルバック)のクラブですが、状況によりどちらかのクラブをキャディバッグに入れてコースに出かけます。スペックは、どちらも38.5インチで、ロフトは20度と同じですが、弾道はポケットキャビティのほうがかなり高くなります。

このクラブを使い分ける理由は、3番アイアンの距離で、手前にハザードなどがあり、高い球を打ちたい時にはポケットキャビティのクラブを使い、そうでない時はフラットバックのクラブを使います。ただし、調子の悪い時はポケットキャビティで、調子のいい時はフラットバックを使うという事は決してありません。

一般的には、フラットバックは難しいクラブで、キャビティバックは簡単なクラブ、と言われることはよくあります。例えば、フラットバックとキャビティバックのアイアンを持っている人がいたとします。「調子のよいときはフラットバックを使い、調子が悪くなるとキャビティバックを使う」という意見は、非常に的を得た意見のように聞こえますが、本当にそうでしょうか?

調子がよくなったり、悪くなるということは、ボールを打つという技術が常に動いている(変化している)ということなので、やさしいクラブを使うことによって、悪い方向に向かっている技術が、そこで止められるという保証は何もありません。さらに悪くなることは、十分にありえることです。

我々アマチュアは、ゴルフに対する関わり方は千差万別で、仕事の付き合いでプレーするのは1年に2,3回という人もいれば、毎月月例競技などに参加して、少しでもハンディキャップを少なくして、より上のレベルで競技に参加したいという人もいます。 前者のような人は、技術の向上など殆ど興味がないかもしれませんが、後者の人は常に技術の向上に意識があると思います。

ボールを打つ技術が悪くなってきたら、よりやさしいクラブに替えても、事態はよい方向に向かうことは考えにくく、やはり今の自分の技術にとことん向き合うしか方法がないと思います。不調の原因を探し出し、それを直す練習を続けるだけでしょう。もう1つ言えることは、調子が悪くなり始めたら、早い時期に治せば直すほど、調子が元に戻るのも早いといえると思います。それから考えると、ナイスショット、ミスショットがはっきり出るクラブのほうが、自分の技術をよい状態に保つにはよいといえるかもしれません。


よいスコアの出せる人、出せない人***続編

ゴルフに限らず、どんなスポーツにおいても、上手くできる人と、上手くできない人がいますが、上手くできる人は、そのような方法や考え方をしており、間違った方法や考え方をしている人は、沢山練習しても望むような結果は殆どでないように思います。

先週行われた全米オープン選手権で、石川選手が短いパットを何回かはずすシーンを見ました。カップの内側に当たってボールが外れるのではなく、カップに触りもしないで、カップの横を通過して外れる場面が何度かありました。それも、ラインはほぼストレートだったものがいくつもありました。自分も短いパットを何度もはずしますが、後で振り返ると殆どが打ち方のミスです。自分の狙ったところに、ボールが出ていないだけのことです。

前回も書いたように、石川選手はパッティングストロークの安定を意識して練習しているようです。プロのトーナメントを行うコースのグリーンは相当な速さがあります。その速いグリーンで、プロが7、80センチのパットを打つ時と、2mのパットを打つ時のバックスウィングの大きさは、倍以上取るかといえば、パット見は殆ど大きさに差がないように見えるはずです。

では、どこでボールに伝わる力の大きさをコントロールしているかといえば、まさに「感覚」しかありません。「感覚」を大事にするうち方をしなければ、よい結果は得られないと私は思います。以前にも書きましたが、去年の夏前ぐらいまで、しばらくの間、バンカーショットがひどいものでした。バンカーから出ただけ、とホームランの繰り返しが続いていました。写真は、いま自分が使っているサンドウェッジですが、柔らかい砂専用のウェッジに替えようかとも考えましたが、打ち方を直したら上手くいくようになり、クラブを替えずにすみました。

結局、バンカーショットが悪い時は、ボールの手前の砂の2cmぐらいのところにヘッドを入れようとか、どこにヘッドを落とすかそんなことを考えてバンカーショットをしていました。先日ラウンドした時、4,5回グリーンの周りのバンカーに入りましたが、1回は1パットではありませんでしたが、残りのバンカーショットは全て1パットで済みました。いまは、どこにクラブヘッドを入れようとか一切考えていません。「ボールをピンの方に寄せる」だけしか頭の中にありません。

バンカーショットのやり方を変えた当初は、「本当に大丈夫なんだろうか?」という恐怖心がありましたが、今はかなり慣れてきました。距離のあるバンカーショットのときは、打った瞬間「ホームランしたかな?」を感じる時があるのですが、結果は大体ピンの付近で止まっています。体が、砂を薄く取るように動いているのだと思います。「肩を90度回せ」というように、感覚でない教えが沢山あるようですが、上達を阻害しているのは、間違った教えであることに気づいていただければと思います。


よいスコアの出せる人、出せない人。

22歳のマッキロイ選手が、2位に大差をつけて全米オープンに優勝しました。テレビを見ていて、爽快感を覚えたのは私だけでないでしょう。プレー振りがまことにリズミカルで、これぞスポーツ、これぞゴルフという見本のような戦い方でした。決断が速く、またその後、躊躇せずにボールをひっぱたきます(運ぶという表現は合わないように思います)。パッティングにおいては、ラインを決めたら、素振りを一度もしないでいきなりボールを打ちます。私の大好きなプレースタイルです。

多くの声援と期待を受けてプレーした、石川選手のプレー振りはマッキロイ選手と対照的でしょう。ボールを打つ前に、テークバックの途中までスウィングを一度します。そしてその後、実際にボールを打つのですが、過去に何度もメジャータイトルを獲った選手で、そのような動作を行うプレーヤーは1人もいません(タイガー・ウッズ選手は、数年前からそのような動作を始めましたが、デビュー当時や、メジャーに4連勝した時はしていませんでした)。

パッティングに関しても、石川選手のコメントは「パッティングのストロークが安定してきた」ということをよく口にしますが、素振りを一度もしないでパッティングするマッキロイ選手は、「ヘッドの動きを安定させよう」なんてことは、全く考えていないでしょう。ボールを打つだけ、またはボールをカップに放り込むだけ、単純にそれだけでパッティングをしているはずです。プロの大工さんが、釘を打つ前に、金槌で素振りをしないのと同じです。

長い間にわたって、どうやったらスポーツで強く(または上手く)なるのかを考えてきた私ですが、数年前から「単純に行うのが最善の方法」であると思うようになり、今では確信に代わったといってもよいでしょう。マッキロイ選手には、今のプレースタイルをずっと続けてほしいと願います。そうすれば、ゴルフ中継を見る楽しみが増えるからです。