選択されているタグ : スポーツ全般

自分なりの解釈

「自分なりの解釈」は、当然の行為

人から投げ方や、打ち方を教わるとき、その人がどのようなことを言っているのかを理解しようとして、色々考えるのは極めて普通の行為です。そして、同じようなことを何度も繰り返して、その人に聞くのも失礼に当たるかもしれないので、その人の言っていることを「推測」すると言うことも、気づかないうちにしているでしょう。私は、ここに上手くなる人と、上手くなれない人の分かれ道があるように思います。

打ち方であるとか、投げ方などは、非常に瞬間的な動きであり、それを言葉にして現すということは、限界があることを理解する必要があると、私は良く思います。教える側が「教えたいこと」を完全に伝える作業は、大変手間のかかるとこと思います。

例えば、ある子供が2人スクールに入ってゴルフを習い始めたとしましょう。しばらく経ってから、一人の子供は上達したが、もう一人の子供はあまり上達しなかったとすると、回りの大人達は「才能」や「センス」などという言葉を使って、説明しようとするでしょうが、私は決してそうではないと、かなり前から理由を探してきました。

「自分なりの解釈」は正しいとな限らない

写真のようなグリップをするプロゴルファーを時々見受けます。きつい言い方をしますが、たいていの場合、パッティングが上手な選手ではないでしょう。仮に人からその握り方を教わった場合、外見は似ているので、そのグリップの仕方をマスターしたように見えますが、その人の結果が良くないならば、肝心なことが伝わってないと考えるべきでしょう。

野球選手で2割5分を打つ選手と、3割5分打つ選手のフォームの違いはどこですか、と聞かれても、ハッキリと答えにくいでしょうし、一見同じように見えます。しかし、2人が身につけている「技術」には、ハッキリと差があるわけで、それが結果として表れます。

2人の選手が技術を身につけようとする過程において、「自分なりの解釈」が良ければ良い結果を出せる選手になるし、その「解釈」が間違っていれば、結果につながってこないでしょう。今まで沢山のプロやアマを見てきて、真剣さや練習の態度に大きな差が感じられないにもかかわらず、結果に大きな差が付くのを目の当たりにして、上に述べたことを感じるようになりました。


再び、「練習はウソをつかない」

真剣な自分を信じたい

全てのゴルファーは、上手くなりたいと思っているはずなので、調子が悪い時は真剣に自分の悪いところを探し出し、何とかいいショットが打てるように、練習場で汗を流している、当然の光景だと思います。そして、何か上達する方法がないか、本とかDVDなどを見てヒントを探しているかもしれません。

練習する場所があるショップですので、色んな方が来られますが、練習している姿を見ていると、今その人が何を治したいのか、どのような打ち方をしたいのか、よく分かるときがあります。例えそれが間違っていると感じても、その人が「真剣」に練習に取り組んでいるときは、何も言わずに見ています。こういう事を恐らく10年以上も前からやっていると思いますが、良くない練習をしているなと感じた人が、2,3年ぐらい経ってから、「ボールが飛ばない」とか「スコアが悪い」とか、色々と悩み事を言われます。

「真剣」に練習している人を混乱させたくないし、また聞く状態にない人に何かを言っても、これも無駄なことになるでしょう。「練習の成果」は、1週間後や1ヶ月後ではなく、数年後に出てくるように思います。

下手になる練習

写真は長く使った私のパターで、イップスから抜け出すときから使い続けました。太陽の反射で見にくくなるのを避けるため、黒く塗ったり、長さを変えて沢山鉛を貼ったり、色んな事を試して、イップスから抜け出しました。

真剣に練習している人は、自分がよい方向に行くものであって、決して悪い方向に行くものとは思っていません。だから、今自分がやっている方法が最善であって、迷いがなければ他の話は耳に入らないかもしれません。しかし、ここに危険があるのでしょう。

自分の今のスイングを変えようと思っても、短時間で変わるものではありません。しかし気をつけたいことは、仕事などで練習がしばらく出来ないなど、自分が直そうと思ったことを忘れてしまったあとにも、身体がその動きを覚えていて、時間の経過と共に徐々にスイングが変わっていくことがあります。そして2、3年後になって、納得出来ないショットしか打てない自分に向き合わなければならない、そういうケースはよくあります。

ショットが良くなるのも、悪くなるのも全て自分がまいた種で、厳しい言い方ですが、「練習の成果」がでたと言うことになります。調子が悪くなった人が、元の状態に戻すということは、本当に大変な作業ですが、何とかチャレンジして下さい。


飛距離は生まれつきのもの?後編

プロ野球 王貞治氏の場合

プロ野球の最高のホームランバッターである「王貞治」氏について、少し考えてみましょう。18才でプロに入って、最初の3年間のホームランの数は、7本、17本、13本でした。そして次の3年間は38本、40本、55本で、10数年にわたって50本近いホームランを打ち続けたのですから、とんでもない選手だったわけです。このように途中から大きく変わって選手は希有で、技術の追求を考えるに当たり、注目すべきケースに思います。

そして、注目すべき事として、長い間ホームランを打ち続けたと言うことです。今まで、2、3年ぐらい沢山のホームランを打ったことがあるが、そのあと打てなくなった選手はかなりいます。怪我による体力の低下というケースもありますが、たいていの場合は「技術」を忘れてしまった、と私は考えます。何故なら、30才を少し過ぎたぐらいで、体力が落ちてボールが飛ばなくなったとは、考えにくいからです。

日本古来の武術を基本に

王貞治氏の昔の映像を見ると、日本刀の真剣を振っているものを見ることが出来ます。そして、その真剣でわらの束を切ったり、天井からぶら下がっている紙を切ったりしています。居合抜きの高段者に習ったそうなのですが、昔の武士が真剣を振るということは、闘うわけですから、凄い速さと正確さが要求される「技術」を身につけなければ、生き残れません。王貞治氏は、そういった技術を身につけたのです。

以前にここで紹介した王貞治氏の練習日誌を見ると、何度も素振りをして自分の動きを修正しています。身につけたつもりの技術でも、ある時忘れてしまうことは、ゴルフでも野球でも良くあることでしょう。長い期間にわたってホームランを打ち続けたとということは、どのような打ち方をすれば、ボールを正確に、かつ遠くに飛ばせるかを知っていると言うことです。「技術の本質」を知っているのです。

前にも述べましたが、「技術」は言葉や数字で全てを表すことは不可能と私は考えています。また「技術」を伝えるという作業は、長い時間が必要です。マスコミがゴルフを取り上げるようになり、簡単に身につく「技術」を紹介するようになって、本当の「技術」が埋もれてしまっているのが現状かもしれません。飛距離は生まれつきのものではなく、本当の技術を身につければかなり伸びると、私は信じています。