選択されているタグ : スポーツ全般

グリップの繊細さ

硬化したラバーグリップ

もの凄く硬化した、つるつるのグリップを使っている人を時々見かけます。カーボンシャフトより光っているような場合もありますが、そのクラブを借りてショットしたときに、よくミスショットが出ることがあります。思い返すと、トップよりダフルことの方が多かったように記憶していますが、最初の頃はたまたまのミスショットと思っていましたが、ある時偶然ミスが出たのではない、と感じるようになりました。

雨で濡れたグリップでショットした時に、まともにボールに当たらないことと同じ事で、グリップが滑らないように、無意識のうちにグリップを強く持つために、ミスが起こるのではないかというのが私の考えです。強くクラブを握ると、いつもより早くコックがほどけて、早くクラブが地面に落ちるのではないかと思います。

握る感触

写真は、ショップに展示してある45年以上前に製造されたクラブで、グリップは当時のままの革巻きです。すでに亡くなりましたが、戸田藤一郎というプロが時々自分で革巻きのグリップを、調子に合わせて巻き替えていたそうです。

昔あるトーナメントで、ギャラリーの1人が戸田藤一郎さんのバッグからクラブを抜いて、そのクラブを持ったのです。戸田藤一郎さんが戻ってきて、そのクラブを持ったとき、「誰か私のクラブを触りましたな」と言って、周りを見回したそうですが、そのぐらいグリップの感触を大事にしていたのです。

青木功プロは、毎試合自分で新しいグリップに変えていたのですが、グリップの感触を大事にしていたのでしょう。今述べた2人のプロゴルファーに共通していることは、傑出した業師(わざし)ということです。グリーン回りのショートゲームに要求される微妙なタッチや、弾道の高低などのボールを操る高度な技術は、繊細な感触を得るグリップと、密接な関係がありそうだと私は考えます。


「ボールを打つ」という意識の必要性

名手のとんでもないミスショット

昨年のマスターズトーナメントのことですが、最終日首位を行くジョーダン・スピース選手が、アウトを終えた時点で確か5ストロークのリードをしていました。客観的にみて、彼の優勝だと思った人は少なくないと思います。ところが、10番、11番と連続ボギ-、そして12番のショートホールで、ティーショットを池に入れたあと、ドロップエリアでのスピース選手の仕草をみていて、相当動揺しているなと感じました。

グリップをタオルでせわしなく拭く仕草や、キャディーと話すときの険しい顔など、よく見るスピース選手の動作ではないと、明らかに見て取れました。それは、マスターズトーナメントという大舞台で、それも30、40分ぐらい前までトーナメントを大きくリードしていたのですから、現在の状況に考えたら、やむを得ぬ事でしょう。

ドロップエリアから打ったウエッジのショットは、アマチュアがやるような「ダフリ」で、池の一番手前に「やっと入った」というようなものでした。スピース選手は、トッププロの中でもウエッジの上手い選手です。その選手が、大事な試合の最中に、アマチュアが打つような凡ミスをする、テレビを見ていて信じられない思いでした。

単純に「打つ」がいかに大事か

ドロップエリアでのスピース選手の気持ちを推察すると、少し前まで2位を大きくリードしていたのが、今はそれがない、下手をするとトップではないかもしれない、後悔や焦りなどの気持ちが、心を占めていたのでしょう。そのような精神状態でショットをすると、名手でもとんでもないミスショットを打つ、私にとっては凄く参考になる出来事でした。

自分の痛い経験からも、よいゴルフをしていたにもかかわらず、一つのミスショットから、その後のショットが全く駄目になった、そういうのを何度も経験しました。自分としては、さっきまでと同じようにボールを打っているつもりでも、全く当たらなくなってしまう、その原因がよく分からなかったのですが、今はかなりハッキリしています。

ショットをするに際して、「今までよいゴルフをしていたのに」「あのミスショットがなかったら」などという気持ちが心を占めて、目の前にあるボールを打つという気持ちがなくっていたのです。

多くの方に経験があると思うのですが、何にも考えずに単純にボールを打つ、調子のよいときはそうしてショットしている人が殆どではないでしょうか。単純で、凄く当たり前のようなことですが、ボールを打つことだけを考えていることは、ボールを打つことに凄く集中している状態と言えます。皆さんは、どのように思われますか?


「感覚的な打ち方」とは

「感覚」は言葉で説明できない

写真は、現在私が使っているサンドウエッジです。もう、5,6年ほど使っていると思いますが、このサンドウエッジを使っているとき、感覚的に打たないとダメだと気づかされたクラブです。バンカーショットの調子が悪いとき、ボールを打つ前に、砂の上でピンまでの距離が近いので、フェースをこのぐらい開いて、そしてヘッドをボールの手前2センチぐらいに入れて、とか色々考えてショットしていましたが、当然ながら結果は芳しくありませんでした。

いつだったかハッキリと覚えていませんが、自分のやっていることが「おかしいのではないか」と感じて、もっと「感覚的に打たなければ」と思い、それを実践することにしましたが、最初は怖くて思い切って出来なかったことを覚えています。今まで、あれこれ考えてショットしていたものを、何も考えずに打つわけですから、相当不安だったと記憶しています。

これでいけるかなと思ったショットは、ピンまで25ヤードか30ヤードぐらいあるバンカーショットで、ライは悪くなかったのですが、とにかく難しいショットなので、思い切って打とうとして、それがピンに2、3メートルに寄ったのです。どのぐらいフェースを開こうとか、ボールを少し右に置こうとか、そのようなことは一切気にしないでショットし、結果が良かったので、怖くてもこれからこれで行こうと思うようになりました。

複数のことを、同時並列で行うのが「感覚」

上で述べた距離のある難しいバンカーショットに対したとき、フェースの開き具合、ボールの位置、スイングの強さなど、ショットしたあと何の記憶もありませんでしたが、実はそれが正しいのではないかと今は思います。そのショットを成功させるために、複数のことを同時並列で行っているので、思い返しても、これをやったのだという印象が無いのが本当なのでしょう。

「正しい打ち方はこうだ」と教えられてきた人にとっては、結果の善し悪しは別として、教えられたことをやっている(または、やっているつもり)のほうが安心できるはずです。打ち方などを考えないで、俗に言う「身体にまかせる」ことは、とても怖いことかもしれません。

スイングを考えて行っている人のほぼ全てと言ってもいいかもしれませんが、スイングの速さ、または時間の短さを感じていないかもしれません。振り上げたクラブが、ダウンスイングを始めたら、1秒未満でフィニッシュまで来てしまいます。頭で考えたことを実際に行うおうとすると、時間が足らないように私は考えます。結果として、意図した力がボールに伝わらない、すなわちミスショットを招くのではないでしょうか。