選択されているタグ : スポーツ全般

プロの言葉

写真:練習風景我々アマチュアからみると、プロと名のつく人は、雲の上の存在です。プロゴルファー、プロ野球選手は、当然ながらアマチュアとは比べものにならないプレーをします。ところが、「出来ることと、知っていることは、全く別のこと」ということ知っておかなければなりません。


野球中継を観ていると、ピッチャーの腕の振りについて解説しているのを、時どき耳にしますが、「腕をしっかりと振らなくてはいけない」というのは間違いです。腕だけの重さは3,4Kgぐらいで、これを思いっきり振っても大きなパワーは生まれず、速いボールを投げるためには、ステップ幅を広くして、軸足から前足に体重をすばやく動かす時に、大きなパワーが生まれます。ジャイアンツの工藤投手ののピッチングフォームを見るとわかりますが、彼がボールを放したあとの腕の振りは、決して大きくありません。42歳であの活躍は、本当にすばらしいですね。


トーナメントプロを教えるプロが言っていたそうですが、ピッチングウェッジでショットする場合、バックスウィングが10時の大きさで何ヤード、11時の大きさで何ヤードの飛距離になる、というのもおかしな話です。バックスウィングは、何故行うかといえば、ボールを打つ動作(フォワードスウィング)の「反動」なのです。


では、何故人は「反動」という動作をとるのでしょうか?筋肉には、バネの要素というものがあり、筋肉をすばやく伸ばすと、筋肉はすぐに縮もうとする性質があり、腹筋運動をする場合、上体が床についたらすぐに起き上がると比較的楽なのに、上半身が床についたとき、完全に動きを止めて、もう一度起き上がろうとすると、結構しんどいはずです。この腹筋運動からわかるように、筋肉のバネの力は結構大きなもので、人は何らかの作業を行う時、より大きなパワーを出すために、これから使おうとする筋肉をすばやく伸ばして、筋肉の縮む力と、筋肉自体の力をあわせた大きな出力を得ようとするのです。バックスウィングをどのくらい上げようかなんて考えていると、本来の「反動」としての動きが出来ず、正確にボールに当たらないだけではなく、パワーの低下にもつながりすます。


写真は、フォロースルーで、クラブのシャフトが、背中に対して直角の位置に振りぬかれていることを表すために撮りました。遠心力は、背骨に対してほぼ直角の方向に働きますから、両腕の力を抜いてスウィングすれば、この位置にクラブが勝手にむかうはずです。スウィングは、実にシンプルなものだと、私は考えております。プロが言った言葉だからといって、鵜呑みにすると、スウィングや身体を壊すことさえあるかもしれません。



No,0049



全英オープン

写真:ゴルフボール今年の全英オープンが終わりましたが、メジャーに勝てないと予想したタイガーがまた勝ち、また予想が外れました。


今回、全英オープンのテレビ中継は、殆ど見ませんでした。何故か、見たいという気にならなかったのですが、おそらく、今回の会場となったセントアンドリュースGCが、試合のために、大幅に距離を伸ばしたという記事を事前に読んで、少しがっかりした気分になったのが、その理由なのでしょう。マスターズを行うオーガスタナショナルGCも、来年のトーナメントのために、また、コースを長くしているそうですが、こうなってくると、昔からある古いコースの価値がなくなるような気がして、とても残念です。


日本のように、土地の面積の狭いところでは、コースを長くすることは多くの困難があるでしょうし、「距離の短いコースは、チャンピョンコースとはいえない」という考えが、当たり前になりそうです。


R&A(ロイヤル アンド エインシェント、ゴルフの総本山と言われ、一番古く、権威のあるゴルフ協会のようなもの)は、プロもアマも同じ規制の下でプレーしなければならない、という姿勢をガンとして変えません。ちょっとお役所的過ぎると思いますが。


今回のタイガーについて話す前に、タイガーが昨年から指導を受けている、ハンク・ヘイニーというティーチングプロに、少し触れてみます。10年ほど前の話ですが、ある日本のベテラン女子プロが、ハンク・ヘイニーの指導を受けるために、彼のもとを訪れた時、「4,5年をメドに、あなたに合ったスウィングプレーンを探しましょう」と言われたそうです。長期的ビジョンにたって、自分に合ったスウィングをしっかり作り上げようとするその姿勢に、ハンク・ヘイニーという名前が、私の記憶の中にしっかりと残りました。


今回、タイガーのスウィングは、マスターズのときに比べたら、力みがあまり感じられず、テレビの解説でも、マスターズの時は、インパクトで頭が下がっていたが、現在は頭が下がっていない、と言っていたそうですが、上半身に力が入ると、頭の上下動など起こってきます。ハンマー投げでも、早く投げようとして、上半身に力が入ると、回転の途中に身体の上下動が現れ、大きくバランスを崩すことがあります。


新聞によると、今回のウッズはパットが随分良かったようです。彼の打ち方は、両腕をロックして、肩や背中の回転でストロークしているので、緊張下でも十分に動ける技術です。やはり、小技でも抜きん出たものを持っているのでしょう。


*写真は、アメリカで1920年代に製造されたボールです。ディンプルが丸ではなく、「#」マークのような四角いディンプルになっています。



No,0043