選択されているタグ : スポーツ全般

ゴルフ場

写真:ゴルフクラブの会員名簿ここ数年、ゴルフ場のプレー代が大変安くなり、ゴルフ場の経営も楽ではないでと思います。かなり昔にオープンしたゴルフ場は、預託金の額もそれほど多くはなく、預託金の額より、マーケットでの売買価格が高ければ、預託金の返還請求をする人はいませんが、新しいゴルフ場は、マーケットでの売買価格が、預託金の数分の1、または、十数分の1というケースがあります。


このようなゴルフ場で、預託金の返還を請求されても、それに応じるだけの資力を持ったゴルフ場は多くはないでしょう。そうなれば、「倒産」になることはやむを得ず、民事再生法などで、経営者が新しくなったりしますが、ここで問題なのは、新しい経営者によって、そのゴルフ場の将来が、大きく変わる可能性があります。


会員権の売買も私の仕事の1部ですが、普通の人より多く、また、少し早めにゴルフ場に関する情報が入ってきます。倒産したゴルフ場を買う会社には、外資の投資会社、建築関係、金融関係などさまざまですが、中には、倒産したゴルフ場をたくさん買収している会社もあります。


私の会社は、4年前までゴルフ練習場を経営してましたが、よっぽど回りに競争相手がいないかぎり、ゴルフ場や、ゴルフ練習場など、高い利益が見込める商売ではないと思っています。


では、何故1つの会社が、次から次えと沢山のゴルフ場を買収するのでしょうか。高い利益が見込めるゴルフ場は、倒産する可能性は低いので、買収するゴルフ場は、高い利益の見込めないゴルフ場のはずです。


今年の8月に、倒産して半年ぐらい前に経営者の変わったゴルフ場でプレーする機会かありました。そのゴルフ場は、5,6年ぐらい前まで、ときどきプレーしていたので、コースの状態はよく覚えていましたが、8月にプレーした時に、コースの状態がひどく、少なからずショックを受け、また、変わり果てたコースを見て、悲しい気持ちにもなりました。


倒産したゴルフ場を沢山買収した会社の中には、年会費を従来の24,000円から、倍の48,000円に上げたり、インターネットで低料金でプレーできるビジターを沢山集め、1日に70組ちかくのお客さんを集めるところもあります。70組近くもお客さんが入れば、ハーフ3時間、お昼の休憩は1時間半、後半のハーフも3時間ぐらいかかり、まったくゴルフをした気分にならないでしょう。つまり、今日プレーに来てもらってるお客さんのことなど何も考えず、いかに1円でも多く稼ぐか、守銭奴の発想です。


もし自分の所属しているゴルフ場が倒産して、今述べたような状態になったら、早く会員権を手放すのも、選択肢の1つに入れておいたほうがよいかもしれません。



No,0085



オリンピック

パソコンのハードディスクが壊れて、仕事ができませんでした。パソコンは壊れないだろうと甘く考えていて、データなどバックアップしておらず、また、1台のパソコンだけでは、故障があるときはまったくのお手上げになると、今回は本当によくわかりました。


仕事の中でパソコンが占める割合が大きくなってきたので、これからは仕事に支障が生じないように、万全の体制をとりたいと思っています。


24日の早朝、フィギィアスケートの荒川選手が金メダルを取り、テレビを見ていて本当に感動しました。この日は、日本ゴルフフェアに行く日だったのですが、荒川選手がトップに立ったので、家から出るに出られず、乗る新幹線を大分遅らせて、表彰式まで見てしまいました。本当にうれしかったのですが、それは下記に述べることに関係していて、「本当によくやった」と叫びたかったです。


オリンピック、特に冬季オリンピックの競技において、採点方法やルールなどがよく変更になります。スキーのジャンプで、原田選手がスキー板の長さが少し長くて失格になりましたが、そこではじめて知ったのは、体重によって使用できるスキー板の長さが変わるという規則です。体重が軽い選手ほど、短いスキー板を使用しなくてはならないというもので、スキー板が短くなればなるほど、浮力が少なくなり、当然飛距離は伸びなくなるのでしょう。ニュースでやっていましたが、ずいぶんと細かく体重が分けられていて、58kg、59kg、61kgなんていう数字がテレビに出ており、「何じゃこりゃ」という感じです。


長野オリンピックで、日本の選手がスキーのジャンプで大活躍をして、ずいぶん盛り上がりましたが、その後、身長によってスキー板の長さが規制されました。すなわち、背の低い選手は短いスキー板しか使用できない、欧米の選手に比べると、日本の選手は背が低いので、不利なスキー板を使わされるわけですが、日本の選手たちはこれを克服すべく、体重を落として浮力を得ようとしたわけです。体重を落としながらトレーニングを続けるなんて事は、ものすごくつらいことだと思いますが、それを乗り越ええて、またよい記録を出した選手達は、尊敬に値すると思います。


その次のルール変更は、体重制限。このルール変更は、特定の人間によい記録を出させないためのもの、こう断言してもよいでしょう。これらのルール変更に携わっている人たちは、「すばらしい技術」を、すばらしいと認める心を持っていないのでしょう。


ある本を読んでいたら、こう書いてありました。人間には2種類ある、じぶんよりすぐれた人物がいたら、努力してそこまで上がろうとする人間と、その優れている人物を、自分のレベルまで引きずりおろそうとする人間である、当然前者の人間になるべく努力しなければならない。ルール変更を頻繁に行っている人は、当然後者の人間に属するのでしょう。


荒川静香選手は、ルール変更によって「イナバウワー」という技がおおきく加点されなくなったにもかかわらず、オリンピックの大観衆の前でそれを披露した、彼女の「志」の高さが、大観衆を魅了し、そしてほかの選手を圧倒してのではないでしょうか。彼女を、本当に誇りに思います。



No,0063



雑談

写真:コーヒーきょうは、写真のようなコーヒーを飲みながらの、雑談にしたいと思います。


以前、ゴルフ会員権の名義変更料について書きましたが、司法書士を通じて預託金の返還を請求したところ、ゴルフ場側から預託金の返還に応じる連絡がありました。このゴルフ場の会員権の相場は40万円くらいですが、名義変更料が200万円と高く、あまり買い希望は多くないようです。今回請求した預託金額は65万円で、マーケットで売るよりは多くの金額が手元の残るので、大成功といえるでしょう。


女子プロの宮里藍選手は、先週の試合を欠場しましたが、新聞によると左足の付け根の関節を痛めたとか。彼女は、去年と今年の2年間で3回試合を欠場をしていますが、見るからに怪我をしそうなスウィングに、私の目には映ります。


左かかとを上げないで、上半身を大きくひねるバックスウィング。以前ここで書きましたが、彼女の左つま先は、トップオブスウィングで少し浮いていますが、これはヒールアップを我慢している動作で、今回の怪我と全く無関係のような気がしません。また、テークバックでは左腕、フォロースローでは右腕を真っ直ぐに伸ばしますが、これも怪我につながりやすいと思います。実験するとわかりますが、肩や腕の筋肉を触りながら、少し肘が曲がった腕を真っ直ぐに伸ばすと、筋肉が硬くなるのがわかります。筋肉を柔らかく使った方が、怪我をしないと思います。


デビット・デュバル選手が、久しぶりにテレビの画面に登場しました。ダンロップ・フェニックストーナメントで、初日首位に立ち、新聞の記事を読むと、10代のころのスウィングを撮影したビデオを探して、それを参考にしながら昔のスウィングに戻したそうです。私がここで不思議に思うのは、5,6年ほど前にスウィング改造に着手した時、その時のスウィングに欠点があるから、改造を始めたはずです。その時の、デュバル自身のスウングに対する考え、または、彼にコーチがいたら、そのコーチのスウィングに対する知識など、十分なものだったとは言えないと思います。


最近のアメリカの選手のスウィング改造で有名なところでは、デュバルのほか、ウッズとミケルソンがありますが、彼らはスウィング改造後にスランプに陥っています。メジャーリーグを見ていても、イチロー選手のような、スピーディでしなやかな動きをする選手は少ないようで、多くのメジャーリーグの選手は、ウェートトレーニングで筋肉隆々の身体ですが、走る姿を見てもドタドタしたような走り方の選手が目に付きます。思ったよりも、スポーツに対する知識や考え方は、アメリカは進んでいないように感じます(生意気かもしれませんが)。



No,0055