選択されているタグ : ゴルフ全般

何故パター(道具)や打ち方を頻繁に変えるのか

パッティングフォームは変えやすい

「アイアンが当たらないから、アイアンを変えてみよう」とはあまり考えないでしょう。ただ、パッティングになると、パターを変えたり、打ち方を変える人が多いのは何故でしょうか?ほかのショットに比べたら、パッティングフォームは簡単に変えられます。身体の一部(主に手および腕)しか使わないので、全身を使うショットに比べると、変更はかなり簡単です。

複数本のパターを持っている人も多くいると思いますが、パットが入らなくなると「気分転換」と称して、パターを色々変えてみます。我々アマチュアは、パターを買わなくてはならないのですが、少し名の通ったプロなら、クラブメーカーは宣伝になるので、何本でもパターを持ってくるでしょう。

昔、トーナメントでプロにドライバーやウエッジを提供していたときに、パターを作ったのでそれもプロに提供しようと思いましたが、少し考えて思いとどまりました。パッティングの下手なプロほどパターを欲しがるし、そういうプロはまたすぐに道具を変えるので、もったいないと思いやめました。今思っても、正しい選択でした。

パットの名手は道具を変えない

杉原輝男プロはカマボコ型、青木功プロはサイレント・ポン(T字型)、ジャック・ニクラウスはL字型、というように同じパターを使い続けていました。何故、名手と言われる人は道具を変えないのでしょうか?それは「気分転換」をしないで、パットが入らない原因を、徹底的に追求したからでしょう。

道具を変えるという行動は、技術の追求の放棄になりますから、パターを変えたあとも、今までと同じように短いパットを外すでしょう。技術上の欠点を探し出し、それを是正してよいスイングにすることは、大変な忍耐力と、技術の本質は何かという、しっかりとした認識が必要不可欠です。

だいぶ昔のことですが、一時は日本一といわれるぐらいのプロから聞いた話で、あるトーナメントでパッティングの調子が悪く、ホテルに帰ってから部屋でパッティングの練習を始め、夢中になって練習していたら、気がついたら朝になっていて、慌ててベッドに入ったと言われてました。その時、どうしても芯に当たらないから、ずっと芯に当たるよう練習をしていたそうです。「芯でボールを打つ」、パッティングからショットに至るまで、これにつきるでしょう。


1年振りのルーク・ドナルド選手

昨年に引き続き、ルーク・ドナルド選手がダンロップ・フェニックストーナメントに出場し、2位に6打差という圧勝で優勝しました。これぞ本物のゴルフというのを披露していただき、堪能した数日でした。

無理のない「動き」

彼のスイングで、私が一番気に入っているところの1つに、写真のようにフィニッシュでシャフトと首、または背中と少し間隔が空いているところです。これはドライバーショットでも同じようなフィニッシュになっています。

よく言われますが、「フィニッシュでシャフトが首に巻き付くように」とか「シャフトが背中に当たるように」とかいう意見がありますが、ジュニアゴルファーが思いっきりボールを打つときなど、彼らは上半身に力がなく、また身体も柔らかいので、そのようなフィニッシュになることは問題ありませんが、そのような形を意識的に作ることは、良い結果を得ることは難しくなります。普通の大人が、ボールを正確に打とうとすれば、そこまで大きなフィニッシュにならないと考えるべきでしょう。

ショーマンシップを持った堅実なプレーヤー

今回のトーナメントでも、最終ホールを迎えたとき、2位に6打差があるにもかかわらず、ロングホールの2オンを狙いました。結果は少し右に曲がり、パーでホールアウトしましたが、観客に喜んでもらおうとする意志を十分に感じたプレーでした。

昨年のトーナメントでも、最終ホールで2メートルぐらいのバーディーパットを入れたとき、彼にしてはめずらしく大きめのガッツポーズをしましたが、少しでもお客さんに喜んでもらおうとする、彼のショーマンシップも表れです。チャンピョンにふさわしいゴルフを続けながら、観客にも気配りをする、本物のプレーは、何度見ても感銘を受けます。


松山英樹選手

彼の実力は際だっています。プロに転向してから数試合、時々彼のプレーをテレビで見ることがありますが、何が優れているのか、私の考えを述べてみます。

ボギーを打たないことが最優先事項

今年の中日クラウンズトーナメントの最終日、ワンオン可能なミドルホールの1番ホールで、彼はドライバーを手にしないで、ユーティリティでティーショットしました。何人かの選手は、ドラーバーでグリーンの近くまでボールを運んでいました。松山選手の飛距離なら、十分グリーンまで届かせることが出来たのに、彼はその選択をしませんでした。慎重過ぎなのではないか、と言う意見があると思いますが、私は彼がゴルフというゲームの怖さをよく知っている、と感じます。

不注意なボギーを打つことは、後のプレーに大きな影響を与えることがよくあります。一生懸命やった結果のボギーと、ちょっと無理な攻めをした結果、それほど難しくないホールでボギーを打つのとは、心理的な影響は測りしれません。彼は、ゴルフを18ホールや72ホール全体を考えて、1ホール、1ホールプレーしているのではないかと思います。1ホール、1ホールを攻めていって18番ホールにたどり着く、というゴルフではないようで、同年の石川選手とは好対照です。

強い選手に共通している秀逸な小技

グリーンを外した後の、ショートアプローチとパッティングが際だってうまさを感じます。ただ、私には凄く上手い打ち方をしているようには見えなく、凄くオーソドックスな打ち方で、色んな状況に対処しているように感じます。言い方を変えると、色んな打ち方を駆使するのではなく(勿論プロですから、アマチュアに比べたら打ち方のバリエーションは多いのは当然です)、シンプルでかつ安全な打ち方を選択して、今自分が出来る最高の結果を出そうとしている、そのように映ります。

技におぼれるのではなく、最悪の結果だけ避ける、これはティーショットにドライバーではなく、ユーティリティーを使う彼のプレースタイルから見ても、グリーン回りのシンプルな打ち方に、共通しているものを感じます。これが、彼のゴルフが簡単に崩れない、秘密であるように私は思います。

最後に、プレーしている間、彼の心は大きく揺れ動いていないようです。バーディーを取ったときも、軽くほほえむだけで、表情を崩すことはなく、ボギーを叩いたときも、凄く悔しがる姿を見たことがありません。ポーカーフェイスと言われるように、本当の勝負師は表情を変えません。彼は、一流の勝負師の資質をすでに備えているようです。