選択されているタグ : ゴルフ全般

ボールのサイズ

ボールの大きさ

写真に写っているボールは、左から現在のスリクソン、1960年代、1950から60年代、1920年代のボールです。特に、一番右の1920年代のボールは、ディンプルが楽譜の#のようになっており、かなり興味深いものです。この4つのボールの大きさを測ると、全部が約43mmで殆ど同じです。100年前に、厳格にボールの大きさを決められていたとは考えにくく、長く使用している間に、一番プレーしやすい大きさに決められたのでしょう。

もう少しボールが小さければもっと飛ぶでしょうが、ラフに入ったときには探すのに苦労するでしょうし、大きすぎれば飛ばなくなると言うことになります。1800年代の後半ぐらいに、現在のホールカップの大きさが108mmと決まったようですので、プレーしやすい大きさが約43mmに決められて、現在に至っているわけです。

ボールの重さ

ボールの重さも全て同じかと言えば、そうではありませんでした。左から2番目が45.2g、その次が49.0g、一番右が45.9gで、現在のルールは約46gなので少しばらつきが見られます。現在の素材で、3つの中で一番重い重量(49g)でボールを作ると、非常によく飛ぶようになりますが、これはルール違反になり、正式なゲームでは使用できません。

ゴルフというゲームはスコアを競うものであり、遠くに飛べばよいというものではありません。49gのボールはよく飛ぶのですが、グリーンの回りからバックスピンのかかったアプローチショットを試みた場合、46gのボールよりランがでてしまうのでしょう。そうなると、少し重いボールは、ショートゲームでは不利なボールとなります。出来る限り飛ばして、そしてショートゲームでも止まるボールを打てる重さとして、現在の約46gに落ち着いたのです。

時にはこうやって歴史を振り返るのは、興味深いものです。今我々が使用しているボールは、一番よいスコアがでる大きさと重さであると言えます。


ノータッチ

6インチリプレース

「Play the ball as it lies」ボールはあるがままの状態でプレーする。ゴルフの大原則でしょう。しかし、冬場などは芝の状態があまりよくない場合は、6インチリプレースが認められることがあります。ある程度楽しくプレーするためには、必要と思います。

今日はノータッチでプレーしましょう、となっていても、ボールがディボットの上にあると、少し動かして、いいライからプレーしたくなる気持ちも理解できます。しかし、私も長くゴルフをしていますが、バンカーの中のボールを動かした人は、今まで見たことがありません。当然と言えばそうですが、6インチリプレースが認められるのはスルーザグリーン(ハザードとグリーン以外の場所)なので、ボールがバンカーの中で目玉状態でも、あきらめてショットするしかないわけです。

大事な局面を乗り切るには

私は長くゴルフをやってきましたが、大事な局面で自分の弱点であるショットをしなくてはならない時は、必ずといって良いほどミスをしてきました。例えば自分がバンカーショットを苦手としているとき、いいスコアでプレーを続けていて、終盤のホールでバンカーにつかまり、そこでバンカーショットをミスして、残りのホールはガタガタになってしまった、そういうケースです。

「想像は意思より強い」、よく思う言葉ですが、ミスをしてはいけないという心理状態でショットするから、想像したミスが出るのです。プロのトーナメントを見ていても、ミスを想像(嫌がって)して、ミスショットをしているのを時々見かけますので、我々アマチュアがミスを想像するな、というのは酷な話でしょう。

例えば、悪いライからのショットが苦手ならば、難しいクラブでショットの練習を繰り返したらどうでしょう。写真はフラットバックアイアンの3番アイアンですが、フェース中央の高さは41mmぐらいで、ボールの直径より小さいのです。こういう練習をすることによって、弱点を完全ではなくても、ある程度減らせばピンチも乗り切れるように思います。


ナイストライ

どのような時に「ナイストライ」と言うのか?

私の個人的な感想ですが、自分がパッティングしたときに「ナイストライ」と言われるのは好きではありません。人はどのような時に「ナイストライ」というのかと言えば、パットをして、打ったボールがカップを少し超えたときです。ショートした時は、誰も「ナイストライ」と言わないようです。勿論、私は人のパッティングに対して「ナイストライ」と言わないで、「ナイスパット」とか「ナイスタッチ」と言います。

別に目くじらを立てる様なことではありません。私にとって少し気分が悪いだけで、他の人はそう言われて、全く気分を害することはない人は大勢いるはずです。

何故私が余りよい気分がしないかと言えば、長いパットでも、打つ限りは入って欲しいと思ってストロークするはずです。出来るならばカップインさせようとして「トライ」しているわけですから、ボールがカップに沈まなければ、ある面では失敗かもしれません。「失敗」に対して「ナイス」と言われたら、やはりよい気分はしないのでしょう。

辛口の解説者は姿を消してゆく!?

何故今回「ナイストライ」をテーマにしたかと言えば、最近のプロトーナメントで解説者が「ナイストライでしたね」、と言うのを時々耳にするようになったからです。トーナメントプロの中には、私と同じように気分をよくしない選手は、結構いると思います。

選手は、より良い成績を残すために必死で練習しているので、一生懸命に狙ったパットが外れたとき、気安く「ナイス」とは言われたくないのではないでしょうか。トッププロがパットを外したとき、普通のアマチュアに「ナイストライ」と言われたとしたら、アマチュアとは比較にならないぐらい、真剣に、必死で練習して身につけた技術を、簡単に評価して欲しくない、そういう誇りがあると思います。

今までに、プロのプレーに対して辛口のコメントをする解説者がいました。「ミスをして、へらへら笑うんじゃない」なんて言う解説者は、私は好きです。その解説者が現役の時は、厳しい態度で試合に臨んできたはずです。それがプロとしてのプライドだからです。でも、そういう解説をしていると、一般には受けないようで、だんだん解説の仕事が来なくなるみたいです。プロに少し媚びたような解説が一般受けするようですが、プロの真剣勝負に、少し水を差しているように私は感じます。