選択されているタグ : ゴルフ全般

今年の全米オープン

見た目

今年の全米オープンが開催されたコースは、テレビの映りを考えたら、どうなのかという感じは、多くの人が持っているのではないでしょうか。まず最初に、どこがグリーンかわかりません。ピンフラッグが画面に入っていないと、選手がこれからどのようなショットをしようとしているのかわからなく、これから選手が何をしようか分からない状態で中継を見ることは滅多にないので、ワクワク感とか、緊張感を感じずに画面を見ることになります。これは、ゴルフに限らず、他のスポーツを見ていても同じでしょう。

サッカーの試合で、選手がボールを蹴りながら、ゴールにどんどん向かっていけば、点が入るかもしれない、そのようなスリルを感じることは、スポーツ観戦で大事なことです。たとえピンが画面に入っていなくても、グリーンのそばに選手がいることが分かれば、それだけで次のショットが予想でき、ドキドキしながらテレビ観戦できます。

技術が試せるか

今回の試合は、ゲームセンターでボール(玉)をはじき出し、得点の高い穴にボールが落ちるのを願ってするゲームに似ている気がします。あるホールでドライバーを打った選手を見ていて、そのフィニッシュからすると狙ったところに打ったのは明らかなのですが、フェアウェイに落ちた最初のバウンドが少し右にはね、そしてそのボールがドンドン右に転がってバンカーに入ってしまう、運が凄く作用するコースコンディションに思えます。

最初のバウンドがグリーンに落ちたのですが、そこには傾斜があり、ボールは戻ってグリーンから出て、そのボールはさらに転がって50ヤードも下がったところにあるラフに止まる、この光景を見ている人が、このコースでプレーしたいと思うかです。

私は、簡単なコースよりも難しいコースでプレーしたいと思う方ですが、今年の全米オープンのコースでは、プレーしたいとは思いません。ティーショットが曲がったらラフに入る、これは納得出来ます。グリーンの手前部分の傾斜が強くて、グリーン手前のエッジまで戻る、これも納得出来ます。明白なミスショットでないものが、次のショットがかなりひどいライから打たなくてはならないのは、私には納得出来ません。何故なら、大ミスとほぼナイスショットが同じライに止まることは、公平ではないと思うからです。

*写真は本文とは関係なく、私が気に入って最近使っているシェリフゴルフのバッグです。


弾道測定器

クラブの芯で打つ重要性

写真の弾道測定器(Sky trak)は、ボールの初速、クラブヘッドスピード、ボールの打ち出し角度、バックスピン量、サイドスピン量などが測れます。ボールスピードに着目すると、スイートスポット付近で打ったときと、逆に芯から外れて打ったときは、当然ながらボールの初速はかなり違いが出ます。2~5メートル/秒ぐらいの差が出ますが、この数字だけ見るとあまり意味が分からない、またはイメージがわかないかもしれません。

今度はクラブヘッドのスピードと関連づけてみると、面白いことに気づきます。私の使っているドライバーは45.25インチ、3番ウッドは43.0インチですが、クラブヘッドスピードは2メートル/秒も違いません。私の実感としては、2インチ以上も長さの差があれば、もっと差があっても良さそうなのですが、現実としてはそれほどの差が現れません。もっと遠くに飛ばそうと思えば、クラブを長くするよりも、クラブの芯に当てることに努力をした方が、効果がありそうです。そんなことは、殆どのゴルファーが気付いているのですが、思いっきりクラブを振った方が、飛びそうな気がするので、力一杯スイングをしたい。そしてそれは間違いですよ、とこの弾道測定器は明確に教えてくれます。

長尺クラブは、スコアアップにプラスになるか?

ヘッドスピードが1メートル/秒速くなれば、飛距離は8ヤードぐらい伸びるとか、色んな意見がありますが、クラブレングスを長くしてヘッドスピードを速めたプラスの効果と、芯から外れたマイナスの効果を考えてみると、一般のアマチュアにはクラブレングスをあまり長くしないで、コンスタントにスイートスポット付近で打てるようにした方が、満足できるゴルフが出来るでしょう。

ドラコン選手権のルールはよく知りません。数発ショットして、一番飛んだボールで争うのでしょうが、普通のゴルフとはかなり異質と言えます。ゴルフというゲームの優劣は、スコアのみで争うので、OBやハザードを避けてゲームを進めるのは当然です。

クラブの長さを長くしても、めざましくヘッドスピードが上がるわけではなく、芯から外れれば飛距離ダウンはかなりあり、また方向性にも問題が出てきます。ラウンドの途中でドライバーのシャフトが折れて、そのあとは3番ウッドでティーショットした、というお客様を何人か知っています。シャフトが折れた後「たまたまスコアはよかった」と言われましたが、「たまたま」ではなく、ショットの内容を聞くと、3番ウッドのティーショットは殆どフェアウエイを捉えていたのです。ヘッドスピードではなく、ボールの初速を重視したほうが、より実践的と言えるでしょう。


シャフト

シャフトの役割

「手元剛性を抑え、中間部から先端部にかけて剛性を高めることで、切り返しでのタイミングの取りやすさとヘッドの過度の走りすぎを抑え、インパクトで手応えが欲しいヒッタータイプに最適な設計になっています。」、「インパクト時のブレを抑え、芯のある深く厚いインパクト感に、さらに弾き感を高め、方向性と飛距離性能をアップ。」etc、、、、、

これは、シャフトメーカーの製品説明ですが、この説明を読んでどんなシャフトなのか私にはイメージ出来ません。シャフトの宣伝としては、飛距離がアップすることと、ミスヒットしても飛距離のロスが抑えられ、そして曲がりも少なく出来る、この2つが「売り」となることは間違いないでしょう。

今まで、本当に沢山のシャフトを試してきました。ミスヒットしても飛距離のロスや方向性もあまり損なわない、というかなり高価なシャフトを自分のドライバーに入れ替えてラウンドしてみると、何となく少し飛んでいるような気がするし、ヒールに当たったとき、いつもより曲がりが少ないような気がします。ただし、ここで大事なことは、あくまでも「何となく」であって、はっきりと実感したものではないと言うことです。

「画期的」なものははっきりと実感できる

今から14、5年前に、タイトリストがPRO V1をいうボールを発売したとき、ゴルフ雑誌にフィル・ミケルソンのコメントとして、「ドライバーで25ヤード飛距離が伸びた」とありましたが、私は全然信用していませんでした。ある時、ラウンド途中でPro V1を拾ったので、早速そのボールを打ってみると、25ヤードとはいきませんでしたが、かなり飛ぶし、またバックスピンも十分にかかるので、本当に驚きました。

写真は今自分が使っているドライバーで、シャフトはGrafalloyのPrototypeというもので、12,3年前に発売されたものです。これを今でも使っているということは、このシャフトより飛距離や方向性で、大きく上回るものが自分の周りにないと言えるかもしれません。

ボールはPro V1に直ぐに変えたので、性能の差をはっきりと自分が感じたのでしょう。ナイスショットは、クラブの芯でボールを打つことですから、インパクトの時ヘッドは余分な動きをしないので、シャフトのねじれが多くても少なくても、弾道に与える影響はあまりないと考えます。今まで沢山のシャフトを試して思ったのは、ナイスショットしたときはどんなシャフトでも、大きな差はないということでしょうか。