選択されているタグ : ゴルフ全般

タイガー・ウッズについて2**後編

年末ぎりぎりになりましたが、今年最後の四方山話をおくります。


前回に続いて、タイガー・ウッズについてですが、私のような1アマチュアが、タイガーについて批判的なことを書いたりすると、「お前は何者だ!」と思われるかもしれません。地元のゴルフ雑誌に、3,4年ほど連載をしていましたが、2003年のタイガーの予測として、メジャーに勝つのは難しい、そしてその理由はスウィングがよくないと書いたら、お叱りの手紙が来ました。


タイガーは今年、これ以上勝てないとこのコーナーで書いたのが、6月でしたが、メジャートーナメントが近づくと、マスコミに出てくる優勝候補のなかには、必ずタイガーの名前がありました。そして、11月ごろになって、アメリカのツアーが終わったら、色んな雑誌に、「タイガーのスウィングはおかしい」と言う記事が出てきましたが、フェニックスで勝ったとたんに、今度は「タイガー復活!」に変わりました。ゴルフやスポーツを専門的に研究している人が、記事を書いているのではないので、それは仕方ありませんが、孫正義氏の言うように、「清く、正しく、強く」このコーナーで発言を、来年もおこなっていきますので、ご批判、ご叱責、よろしくお願いします。


USツアーの最終戦や、フェニックスでのタイガーのプレーぶりを見て、気になった事の1つに、ボールを打つ前の素振りで、クラブヘッドを目標方向へ真っ直ぐだし、高いフィニッシュを取るような動作をしていました。素晴らしい慧眼の持ち主である青木功プロは、テレビでそのことを褒めていましたが、私には「不自然な動き」としか見えません。


クラブヘッドがフォロースルーで抜けていく方向は、背骨に対して直角であると私は思っています。それは、遠心力の方向で、スウィングは背骨を中心として回転しますので、両腕や、クラブヘッドに余分な力を加えなければ、背骨に対して直角の動きをするはずです。デビュー当時のタイガーは、まさにその「動き」をしていました。また、ショットメーカーをいわれるプレーヤー達のフロースルーを見ても、殆どが背骨に対して、直角の角度をもったフォロースルーをしています。


タイガー・ウッズについて意見を述べると、なかなか止まりません。それは、初めてテレビでタイガーを見たときの、強烈なプレーぶりと、これからも抜群に強い存在であってほしいとの思いからでしょう。デビューしてからしばらくの間は、本当のSuper Starでしたが、現在は、One of strong playerだと思います。


2005年も、タイガー・ウッズについて始めます。まだまだ、書きたいことが山ほどありますので。最後に、1997年のフェアウェイキープ率と2004年のそれを紹介します。97年は、68.6%でランク96位、04年は、56.1%でランク182位で、殆ど最下位のほうです。飛距離が落ちて、正確性も悪くなっています。データから見ても、やっていることが間違っているような気がします。


皆様、本年度は有難うございました。良いお年をお迎えください。



No,0023



タイガー・ウッズについて2**前編

今年もあと僅かになりましたが、予定としてあと2回、この四方山話をおくります。そして、このコーナーの第2回に書いた「タイガー・ウッズついて」のなかで、タイガーは今年は3月のマッチプレーの優勝のみで、あとは勝てないと私が予測したことについてのコメントを、2回に分けて述べてみます。


アメリカツアーの最終戦のツアーチャンピョンシップで、第3ランンドが終わった時点でタイガーはトップにいましたが、最終日にグーセンに逆転されて2位タイに終わりました。3日目のプレーを私はテレビで見ていましたが、その試合も優勝できないと感じていました。そして、そのあと日本に来ましたが、フェニックスでも勝てないと思っていたのですが、私の予想が外れて、見事に優勝しました。


今年、タイガーが活躍できないと予測した理由を、2つ述べます。




  1. タイガーが、インタビューを受けている中のコメントで、「バックスウィングにおいて、自分のイメージしたところと違うところを腕が通るので、うまくボールを打てない」ということを、時々言っていますし、また、ボールを打つ前のワッグルでさかんにテークバックを気にしています。テークバックは「反動」であると私は考えていますので、バックスウィングを意識しているときは、ボールにジャストミートする確率は、減っているいると思います。皆さんも経験あると思いますが、バックスウィングのことが気になっているときは、調子が悪く、また、調子が良いときは、バックスウィングはぜんぜん気にならないのではないでしょうか。

  2. 現在はテークバックのスタートを、下半身を止めて、上半身でスタートさせていますが、デビューした当時は、下半身からスタートしていました。下半身の動きを止めることは、筋肉の緊張につながります。緊張は、筋肉を固くさせることになり、私は、スポーツにおける鉄則として、筋肉を柔らかく使うことが非常に重要だと考えていますから、デビュー当時にタイガーのスウィングからものすごく感じた、「しなやかさ」や「スウィングの切れ」は、昔ほどはないように見えます。



今のスウィングは、デビュー当時と比較すると、上半身に頼ったスウィングになっています。これは、飛距離の低下と、方向性を損ないます。USツアーの中から4選手の1997年と、2004年の飛距離とその順位を書いておきますので、参考にしてください。



































4選手の飛距離とその順位
選手名 1997年の飛距離(順位) 2004年の飛距離(順位)
デービス・ラブ 285.8Y(4) 300.1Y(14)
ジャスティン・レナード 259.2Y(172) 282.9Y(134)
フレッド・ファンク 260.2Y(134) 271.9Y(192)
タイガー・ウッズ 294.8Y(2) 301.9Y(9)


この7年間で、いろいろな選手のデータを見ると、飛距離は約15ヤードほど伸びています。タイガーも、距離はある程度伸びていますが、彼の場合は、7年前と現在では、体格に大きな差があります。相対的に見れば、飛距離の低下があると言えるのではないでしょうか。次回は、別の観点から見てみましょう。



No,0022



タイガーウッズについて

わたしは、スポーツ科学を少しかじっていますので、現在のタイガーウッズの状態についての、私見を述べたいと思います。


1996年にプロに転向して、僅か8試合で2勝し、確か賞金ランキングも24位に入ってシード権を取りました。そして翌年、マスターズトーナメントでは、ぶっちぎりの優勝を果たしましたが、そのときの印象は,あまりにも強烈でした。タイガーのスウィングスピードは、ほかの選手のスピードとは全く違い、ほかの選手のスウィングがまるでスローモーションに見えたのは、私だけではないでしょう。


ところが、最近の試合でタイガーウッズを見ていると、特別に距離が出ている様にも見えませんし、スウィングスピードも、速いほうでしょうが格段に速いとはいえないようです。また、方向性は、かなり難があると思います。私は、タイガーがスウィングについて勘違いをしていると思っています。1アマチュアの私が、こういうことを言えば、「お前は何様だと思っているのか」と憤慨される方もいると思いますが、彼のスウィングに関するコメントを聞いていると、首をかしげたくなることが時々あります。最近のタイガーは、テークバックの通り道がうまくいっていないので、ショットがブレるのだと言いますが、本来、テークバックは意識するものではないはずです。テークバックは、ボールを打つための「反動」なのですから、「反動」を意識したら「反動」になりません。皆さんも、調子のいいときは、バックスウィングのことはぜんぜん意識しないで、ボールを打っているのではないでしょか。


あと、もう1つ大きな勘違いは、テークバックの時、下半身を止めて、上半身だけで行っていますが、これも間違いだと思います。下半身を止めて、上半身を動かせば、下半身は上半身と反対のほうへ動きます。回転いすに腰掛けて、バックスウィングの方へ上半身を回してみてください。両膝は、フォロースルーのほうに動くはずです。


腕相撲をやればわかりますが、腕相撲をする瞬間に行うことは、腕をしっかりとロックして、体重をすばやく移動させて、相手の腕を倒そうとします。つまり、大きなパワーを出すためには、腕の力ではなく、体重移動を利用していることがわかります。デビュー当時は、下半身主導で素晴らしい動きをしていたタイガーですが、いまのままでは、メジャーはおろか普通の試合にも今年は勝てないと予想しています。3月に勝ったマッチプレーだけの1勝に終わると考えています。(結果論では何でも言えますので)



No,0002