選択されているタグ : ゴルフの理論

「あっさり」打つ練習

長いアドレスは、ミスを生みやすい

練習でも、アドレスの長い人がいます。そして、そういうときに私はその人の顔を見たりします。たいていの場合、何か悩んでいるか、または考えているか、そのような表情をして、「さあ、今から思いっきり打つぞ!」というような、スポーツをやろうという顔をしていません。表情に躍動感が感じられず、当然スイング自体にも躍動感は感じません。

スポーツに関する本やDVDなどで、ゴルフに関する物が、他のスポーツに比べて圧倒的に多いのではないでしょうか。全てのゴルファーは、上達を望んでいるので、何か上達するためのヒントはないだろうか、探している人は多いはずです。そして、何か良さそうな物が見つかると、早速練習場などで試してみます。「テークバックでこうして」、「フォロースルーではこうして」と考えながらボールを打つと、なかなかスイングのスタートは切れず、長いアドレスになってしまいます。

あっさり打つことは、悪いことか

打つことに関して色々考えている人に見られる特徴として、「大叩き」があります。調子が悪くなって色々考えてラウンドをすると、普段のスコアよりはるかに多いスコアになるときがあります。俗に言う「ボロボロ」です。自分で信じられないショットが飛び出します。

本やDVDでスイングを考えているときの時間軸は、現実のスイングよりはるかに長いのではないでしょうか?現実のスイングは、アドレスからトップまで1秒前後、ダウンスイングからフィニッシュまで0.7、0.8秒ぐらいです。しかし、頭の中で考えているスイングを実際に行おうとすると、5秒や10秒ぐらいかかることを、やろうとしているのではないかと思います。先ほど書いたように、「両腕の三角形を保って」「グリップエンドがボールを指すように降ろして」などを実行しようとすると、かなり時間がかかりそうですが、それを短いスイングの中で行おうとするわけですから、実際には再現することは出来なく、それがひどいショットになって現れると私は考えます。

「何も考えないでボールを打つ」ということは、自分では意識しなくても、ボールを打つことに必要なことを行っていることだと思います。ゆっくり振ったら、ボールは飛ばないので、飛ばすために必要なスピードでクラブを振ります。人間の感覚は非常に優れていて、同時に複数のことを並列で行うことが出来るので、そこにまかせる、そして感覚を磨くことがボールを上手く打てる打てるようになる唯一の方法だと思います。


ナイスショット、ミスショット、どちらに着目するか

自分のショットに向き合うには

ゴルファー全員がナイスショットを打ちたいことは、改めて言うまでもありません。それでは、どこでナイスショットを打ちたいのか?練習場でなのか、ゴルフ場で打ちたいのか?全員がゴルフ場で打ちたいと思っているはずです。特に、天気の良い日に、青空に向かってボールが飛んでいく光景は、たまらないものでしょう。

どうしたらゴルフ場で、ナイスショットまたはナイスショットに近いショットが打てるようになるのか。ここで、ミスショットの原因を考えてみると、最初に上がるのが「力み」ではないでしょうか。ヘッドアップなどは、「力み」から派生して生まれる現象と考えて良いと思います。

力むことは簡単ですが、力を抜くと言うことは本当に難しいものです。針の穴に糸を通すときに、力む人はいないと思います。非常に難しい作業ですから。芯から外れてもある程度真っ直ぐ飛ぶクラブで練習するよりも、芯からある程度外れたら、あまり飛ばないクラブで練習する方が、自分では気づかないかもしれませんが、無駄な力を抜いてボールを打とうとしてるはずです。

ミスショットを減らす、という意識

練習場で思いっきりクラブを振り回して、どこまで飛ぶかを楽しむことは、何も悪いことではありません。ストレス発散には、もってこいでしょう。ただ今テーマにしているのは、ゴルフ場でナイスショットを打つことなので、練習場で思いっきり打って、10回に1回会心の当たりがあって、それを素直に喜ぶわけにはいきません。

ナイスショットとは、距離のでるショットなので、やはり芯でボールを打たなければなりません。ヒールにボールが当たると、相当に距離が落ちます。ヘッドスピードを短期間で上げることは、相当難しいことなので、出来る限りクラブの芯でボールを打ちたいものです。芯でボールを打つことが、ナイスショットを打つための、遠いようで一番の近道ではないでしょうか。

ミスショットのでやすいクラブ、またはミスショットを感じやすいクラブで練習を重ね、だんだん芯に当たる確率を上げることが、ナイスショットを打てる、地道ですが確実な方法なのかなと、私は思っています。


ゴルフのうまくいく人、いかない人、その分かれ道は

才能(センス)に大きな差はない

今までに、どれほどのゴルフをやっている人を、プロ、アマを問わず見てきたか、想像もつかない事ですが、今振り返ると、ゴルフが上手くなった人(当然プロを含む)、残念ながらうまく行っていない人を見ていると、センスとか、努力の差がどれほどの影響を与えているか、あまり関係ないように思うときがあります。

私の知っているプロの話を書きますが、その人がまだプロになる前、正月の元旦から、一人でゴルフ場の練習場でボールを打っていて、その事をそのゴルフ場の支配人から、「あいつはたいしたヤツで、必ずプロになる」と私に話してくれました。その頃の正月の元旦は、スーパーもガソリンスタンドも全部休みで、町全体がひっそりとしていました。誰もいない元日のゴルフ場で練習する事は、寂しくもあり、結構大変なことだったと思います。

その人は、後日プロになりましたが、トーナメントに出ることはあまり多くなく、そのうちにレッスンが中心の生活に変わっていきましたが、ある時レッスン中に、生徒に「アイアンで打ったとき、ターフは真っ直ぐ、目標方向に飛ばなくてはいけない」と説明していて、私はその言葉に疑問を感じていました。トーナメントを見ていると、プロが打ったターフは左に飛んでいくのを何度も見ていたからです。

 おかしな技術論

雑誌やテレビのレッスンを見ていると、不思議な「教え」が出てきます。「ダウンスイングでは、右足を地面の中に向かって蹴るようにしなさい」なんて言うのがありますが、ゴルフのスイングの最中に、右足を地面に向かって蹴ることは不可能です。

上で述べたターフが目標方向に飛ぶことも、ナイスショットを打った時には起こりえません。元旦から一生懸命練習していたプロが、自分の目標であるトーナメントで活躍できなかったのは、自分の身につけていた技術が、安定したスコアを出すことが出来ない技術だったと言えるかもしれません。

技術の話は、かなり閉鎖的なところがあって、他のプロが言っている話は、正面から否定することは殆ど無く、何となく認めて、お互いに深く入らない様なところがあります。その事が、おかしな技術論が世間にずっと存在することになるのでしょう。結局、ゴルフが上手くなった人は、「運良く」よいスコアが出る技術を身につけた、そういうことだと私は考えています。