選択されているタグ : ゴルフの理論

クラブフィッティング

フィッティングとは何か

クラブフィッティングとは、最近時々耳にする言葉ですが、わかりやすく言えば自分の体型や、スイングにあわせたクラブを作ることを言います。

シャフトの硬さや重さなどは,通常クラブを買うときに色々選択できますが、ライ角などは選ぶことは難しい場合が多いようです。今回は、ライ角について考えてみたいと思います。

アマチュアリズムは完全オーダーから出発した

平成7年に「アマチュアリズム」というブランドを作り,当初はアイアンクラブのロフト、ライ角を完全にオーダーできるようにしていましたが、数年してから,完全オーダーを前面に出さなくなりました。なぜそうなったかというと、それをやってもあまり意味がない場合が多いと感じるようになったからです。

平成8年からプロのトーナメントに行くようになり,多くのプロと接するようになり,多くのことを発見しました。その当時、女子プロというと平均身長は160センチぐらいでしたが、彼女たちが使っているアイアンクラブは、一般アマチュア男性が使うのとほぼ同じで、長さは5番アイアンで37.5インチ、フレックスはRという具合でした。

彼女たちの身長からすると、長目のクラブを使っているプロが多いように思えたので、彼女たちにライ角のことを聞くと、「ライ角って、何ですか?」と言うプロもいて、最初は少々驚いたのですが,殆どのプロはそのまま使用していました。しかし、ピンを狙うショットは、本当に正確でした。

ライ角がショットに与える影響

身長が160cmを少し切るような女子プロに、短い芝生のところでアドレスしてもらうと、アイアンヘッドのトゥ側はかなり地面から離れています。どう見てもライ角があっていないように見えますが,正確なショットを打ち続けます。この疑問に答えのようなものを与えてくれたのが、あるトッププロとの会話でした。

そのプロの言葉で、少々のつま先上がりや,つま先下がりではボールは殆ど曲がらない、というものでした。自分の経験からしても,確かにそれは納得できるものでした。無意識のうちに,ある程度調整をしながらショットしているのが、人間に備わった能力なのでしょう。だから、アップライト過ぎるクラブでも、ピンを狙って打てるわけです。

私は、ライ角は関係ないと言っているのではなく,気にしすぎる必要はないと言うことです。ライ角を厳密にオーダーしてクラブを作っていた頃、ショットが曲がり出したので、ライ角が合っていないと何度も調整にこられるお客様がみえましたが、はっきり言ってスイングの問題で、ライ角の問題ではないのですが、「そのスイングでは、真っ直ぐなショットは打てませんよ」とは、口が裂けても言えません。ライ角のことを細かく説明しすぎると、かえってお客様のゴルフの上達を阻害することに気がつきました。自分のスイングに意識を向けてもらうことが、上達への確かな道のはずです。


「人によって言うことが違う」!?

人によって教えが違うのは何故?

自分より上手な人に、ボールの打ち方を聞くと、「人によって言うことが全然違う」と不満を漏らす人は大勢います。トップオブスイングで、右脇を締めろという人がいるし,しめる必要はないという人もいます。スイングについて悩んでいる人にすれば,本当に迷惑なことでしょう。何故こんな事が、あちらこちらにあふれているのでしょうか?

プロ、アマを問わず、ゴルファーはどのくらい厳しく、ボールの打ち方を研究、追求しているのでしょうか?私が今自分の中に持っている「考え」からすると、厳しく追及している人は,きわめて少数であると思います。自分で追求していると思っている人の大半が,「的外れ」の考え方や方法を採用して、「追求」という作業に時間を費やしているのではないでしょうか。

投擲競技との比較

ハンマー投げや、ヤリ投げなどの競技者が、自分のフォームを追求する姿勢は、ゴルフや野球の選手が追求する姿勢とは比較にならないほど,厳密にかつ深くしているように思います。

理由の一つとして、一投、一投結果が数字で表れることです。自分の中では,非常によい投擲をしたと思っても、相手より1cmでも負けたら,そのまま負けです。しかし、ゴルフでは、今打ったショットが数字でははっきり表れません。280ヤード打った人は、279ヤード打った人より大きなアドバンテージを得ることは出来ません。また、もし凄くよく飛んだトライバーショットをした後でも、次のショットを池にでも放り込んだら、よく飛んだドライバーショットも殆ど意味のないものになってしまいます。ゴルフというゲームの中で,一つだけのショットを取り上げて、そのショットを厳密に追求する必要性は,あまりないように思います。

スポーツの動きは、非常に感覚的なもの。

ゴルフを始めて数年は全然飛ばなかったけど,打ち方を直して40ヤード飛距離を伸ばしたという人がいれば,その人はかなり的を得たアドバイスをくれる可能性がありますが、ゴルフを始めたときから,他の人よりかなりボールは飛んでいた,と言う人からは、ボールを飛ばすためのよいアドバイスを聞ける可能性は,かなり低いように思います。

子供の時に野球を始めて,気がついたら速いボールを投げるようになり、甲子園球場で活躍してプロ野球に入る、そして、プロの世界でも速球派として評価を得た選手が、本当に速いボールを投げる「仕組み」を知っているかと言えば,知らない人が大半でしょう。

ゴルフや野球で上手くなった人の多くは,一生懸命やっていて,「何となく」上手くなったという人が殆どだと思います。私は、たまたま力学的なことや、人間が力を出す仕組みを少し勉強する機会があり、スポーツの動きを多少客観的に見れるようになりました。ゴルフではなく、速いボールを投げるためのアドバイスも多少出来るよになったと思います。

ゴルフが上手くなった人の殆どが、人間の骨格や筋肉の仕組みを勉強して、それを土台にして練習したのではなく、とにかく上手くなりたいの一新で練習に明け暮れ、どんどん腕を上げていったと思います。そのような人に、ボールを上手く打つための方法を聞けば,その人の中にある感覚を,言葉にして第三者に伝えるのです。「強く打つ」のか「しなやかに打つ」のか、聞く人にとっては全然違う言葉ですが、その人にとってその時選んだ言葉が、その時の感覚に一番適しているのでしょう。だから、「人によって言うことが全然違う」と言うことが起こるのだと思います。


上達を妨げる要因

スイングに悩む人

スイングがおかしいから見てほしい、といわれる人は,大まかに2つのグループに分かれれます。1つは、始めてからそれほど年数がたってなく,ひどいダフリやトップがでて、まともにボールに当たらないケースです。

もう一つのグループは、ゴルフを10年以上やっていて、ハンディキャップは10前後から20ぐらいまでで、なかなかハンディキャップがあがらなく、時々大叩きをするとスイングの相談にこられる人たちです。「自分のスイングがどうなっているのか、全くわからない。」と、悩みはかなり深刻のようです。

スコアより飛距離優先

私のお店には、写真にあるヘッドスピード、ボールの初速、打ち出し角度、サイドスピン量などが計測できる装置があります。先ほどの分類した後者の人たちに、この装置で計測を始めると,自分のヘッドスピードがどれぐらいなのか、それのみに興味が集中するようです。

私は,あまり長い時間、計測をしない方がいいですよ、と言うのですが、ずっーとやっている人が大半です。長くやると,力むようになるからです。計測しながら、「最高のヘッドスピードが出た」と満足そうに言うのですが、ヘッドスピードは数字上速いけれど、スウィートスポットから外れてショットしている場合が多く、コースではそれほど飛んでいないはずです。

心から上達を望んでいない

上達できないと悩んでいる人から,「どうしたら芯に当たるようになるのか?」と質問を受けたことがありません(私の記憶にないようです)。少しボールに当たるようになると、思いっきり振り回して,少しでも遠くへ飛ばそうという練習に変わります。スイングを修正しても,すぐに調子が悪くなるのは必然のように感じます。ロングドライブと良いスコアの価値は,人によって違うのでしょうが,本当に上達を望むのであれば、普段の自分の練習の内容を考えてみてはどうでしょうか。