選択されているタグ : ゴルフのスキル

タグを絞り込む : AMATEURISM ゴルフ理論

上達

写真:キャディーバック「何年もゴルフをやっているのに、どうしてうまくならないのだろう?」と、ゴルフアー同士で話したりしますが、どうしてうまくならないのでしょうか。確かに、7,8年前に90を切ったのに、いまだに調子が悪くなると、100を越えてしまう、と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。


プロゴルファーを見ていると、長くプロをしていても、上達しないのがよくわかります。あるプロが、10年前にプロデビューして、すぐに活躍して、そしてテレビにも頻繁に登場している。しかし、最近はテレビに登場しないどころか、試合さえあまり出場する機会がない。デビュー当時より、相対的に実力が落ちているように思われます。


随分と厳しい事を言うなと思われ人も多いでしょうが、プロのトーナメントに長く行っていて、そこでいろいろなプロの言動を見ていて、たくさんの事がわかりました。


たとえば、デビューした当時は、予選落ちしたら、悔しくて悔しくて寝れなかったかもしれませんでした。そしてそれから1,2年すると、帰りの車の中では悔しいが、家に帰ったら、悔しさは忘れてしまっている。それからさらに1,2年すると、自分のキャディバッグを車のトランクに入れたら、悔しさもどこかに行ってしまう。そんな感じで、悔しさを早く忘れてしまうようになって、だんだん練習も集中しないで行うようになり、実力のアップが止まってしまう、と私は考えています。


プロもアマも関係なく、上達するには、いかに練習で集中してボールを打つか、それが大事な事だと思います。そうしないと、練習場に行くまでは、「うまくなるぞ」という気持ちで練習場に向かうのですが、いざ練習を始めたら、ただ何となくボールを打ち続け、その日の練習を終わってしまう、そういうケースが多いのではないでしょうか。


集注力を保つための方法として、私は2つ考えています。1つ目は、写真は人気のあるプーマのキャディバッグですが、自分のバッグが古くなってきて変え時かなと思った時、スコアを設定して、そのスコア以下を出したら、念願のキャディバッグを買うことにするのです。仮に、自分の実力が95から105ぐらいとします。97以下でラウウンドしたらバッグを買おうとと決めます。決して、ベストスコアを更新したら買おうというのはよくありません。高すぎる目標は、かえってやる気が出なくなる可能性があります。少しがんばれば届く目標がいいでしょう。


2つ目は、新しい技術を覚える事ですが、次回以降で紹介します。



No,0082



バンカーショット

写真:バンカー練習風景写真は、ゴルフ畑に登場している佐藤丹美で、よく見るとボールはバンカーの中にありません。そして、バンカーの中央に線がひかれていまが、これはバンカーショットの練習風景です。


練習の内容を簡単に説明すると、線の前後の3,4センチの砂を飛ばすだけです。そして少しづつ前(写真では下の方)へ進んで、砂を飛ばします。ここで大事なポイントは、しっかりとアドレスをとらずに、続けて砂を飛ばします。砂を飛ばすだけですから、軽い気持ちで、いい加減に砂を飛ばしてください。それを、2,30回ぐらい続けた後、線のあった場所に、ボールを10個ぐらい並べて、先ほどと同じように、ボールの前後3,4センチの砂を飛ばすことだけに集中して、軽い気持ちで、そして、長い時間のアドレスをとらないで行ってください。かなり簡単にボールが出るはずです。


グリーン周りのバンカーからのショットは、通常エクスプロージョンショットで、直接ボールを打たずに、砂を飛ばし、その砂にボールが押されて飛んでいくわけですから、ある意味では、直接ボールを打たなくていいので、気楽なショットと言ってもいいのです。


ただ、多くのゴルファーは、砂を飛ばす練習ができませんので(公園の砂場なんかいいのですが)、バンカーショットが難しいものになっているのです。ガードバンカーから、ピンに1クラブ以内に寄せようとすれば、かなりの練習量が必要ですが、グリーンに乗せるだけなら、そんなに難しいことではないのです。


もう1度繰り返しますが、スタンスの中央付近の砂を何度か飛ばしたください。そして今度は、スタンスの中央付近にボールを置いて、ボールのことは意識しないで、砂を飛ばしてください。簡単にボールが出ると思います。なお、同じフェースの開き具合でも、砂を低く飛ばそうとすれば、ボールは低く飛び出し、砂を高く飛ばそうとすれば、ボールも高く飛び出します。


バンカーショットを苦手にしないための唯一の方法は、砂を飛ばす場所を見つけることだと思います。



No,0080



スウィング論

写真:書籍-モダンゴルフ写真は、今から30年以上も前に買った、ベン・ホーガン著の「モダンゴルフ」という有名な本であります。この本の初版を見てみると、1958年8月20日となっており、今から約半世紀前に書かれたものなのですが、今でも本屋さんに並んでいるので驚きです。


ゴルファーが集まると、「スウィング論」が始まったりしますが、特に練習場などで調子の悪い人がいますと、その人の周りに仲間が集まって、「トップオブスウィングの位置が悪い」とか、「フォロースルーがインサイドに入りすぎている」などと、色々なアドバイスを送ります。ところが、このアドバイスを送っている人たちのゴルフスウィングに関する知識は、いったいどこで手に入れたかといえば、写真のような本だとか、ビデオ、テレビ、週刊や月刊のゴルフ雑誌に書かれている「スウィング論」でしょう。我々アマチュアゴルファーは、よく飛ぶクラブと、このように打てば上達する、という話には弱いものです。


雑誌に載っている「スウィング論」に共通しているのは、「ニュースウィングはこれだ」というのもです。前回と同じ「スウィング論」では誰も雑誌を買わないので、売るためには新たな「スウィング論」を展開しなくてはなりません。ゴルフのスウィングが頻繁に変わるのであれば、写真の「モダンゴルフ」のような、半世紀も前に書かれた本など読む人はいないはずです。


多くのアマチュアゴルファーのスウィングに関する知識は、次の話と同じように思えます。晩秋になると、私のショップに訪れるお客さんの中で、「今年の冬は暖冬だよ」と教えてくれる人がいます。その人は、気象予報士の資格を持っているようには思えないし、また、膨大な気象に関するダータを分析して、結論として「今年の冬は暖冬だ」となったわけではないでしょう。テレビの天気予報を見ていたら、「今年は暖冬になるでしょう」と気象予報士の人が言っていたのを、少し得意げに私に言ったに過ぎません。



No,0070