選択されているタグ : ゴルフのスキル

タグを絞り込む : AMATEURISM ゴルフ理論

ミスショットの原因を考えない。

写真:回転いすに座る私「ミスショットをしても、その原因を考えない」とは、どういうことなのでしょうか。


ミスショットが出ると、誰でもその原因を考えます。そんなこと、当たり前ではないかと、怒られそうです。肩が回ってないのだろうか、テークバックする位置が違うのだろうか、などなど、色々考えます。しかし、それが不調を長引かせたり、さらに悪くなったりするのです。


写真は、回転する椅子の上に私が座って、バックスウィングの方向に、肩を回しているところを写したものです。左足の膝が、左方向に向いていますが、肩をまわそうとすると、両膝は左方向に動こうとします。これは簡単に実験できるので、皆さんも一度試してみてください。


バックスウィングで肩を意識的に回すと、下半身は ダウンスウィングの方向に動いてしまうので、十分なバックスウィングが取れなくなる恐れがあります。男子のツアープロのなかで、バックスウィングでしっか りと回すプロがいます。彼は、優勝経験も多数あり、非常に節制して試合に臨んでいて、好感が持てますが、ここ数年は優勝していません。


「四方山話」の103に、ニックファルドの写真を 載せましたが、あの写真のように、トップスウィングでは、腰が左に戻ってしまい、ダウンからフォロースルーにかけて、体がスムースに回転できないために、 引っ掛けや、プッシュアウトのショットが出やすくなります。女子プロの不動選手のように、バックスウィングで右ひざや、腰が少し右に動くような動きが、安 定した体の回転がしやすくなるのです。


ゴルフの打ち方では、バックスウィングでしっかり 肩を回すのが、常識のように思われていますが、不安定な「動き」になりやすいにもかかわらず、多くのゴルファーが一生懸命取り組んでいます。プロも含めて 多くの人が、クラブでボールを打つという「作業」の、「動きの仕組み」を正しく理解していないのです。


私自身を振りかっても、高校生の後半から、大学に かけて、調子が悪くなると色々考えました。そして、長い間にわたって、安定したゴルフは出来ませんでした。なぜなら、「動きの仕組み」、「効率よく動くた めの知識」は完全に欠如していたのに、一生懸命考えていたのです。たどり着く結論は、間違ったものにしかなりません。


ゴミをほうきで掃くときは、ゴミにしか意識はない はずです。ほうきの動きを意識する人は、まずいないでしょう。もし、ミスショットが出たなら、ボールに集中していたか、リラックスしていたか、この2つを 考えるだけにして、後のことは、一切考えない方が上達できると思います。自分も含めて、多くのゴルファーを見てきた結論です。



No,0105



上達****続き

写真:ドライバーのヘッド写真は、私が練習で使うドライバーで、長さが44インチ、重量353.3g 、スウィングウェートはD3、シャフトはダイナミックゴールドライトのX100です。以前にもここで少し書いたのですが、平成16年の年末に決心して、もう一度ヘッドスピードを上げて、「いいボール」を打ちたいと練習を始め、目標としてヘッドスピードを50m/secにしまたが、驚くことに、去年の8月に計測したら、50m/secを超えるようになりました。そこで満足すればよかったのですが、もっとスピードを上げようとして、知らず知らずのうちに力みだし、本当にひどい状態になりました。


その後も、スピードアップをあきらめずに、どんな練習をすれば、力まずに、そしてヘッドスピードをアップできるのか、いろいろ試行錯誤してきましたが、最近取り入れている方法が結構上手くいき、9月26日の月曜日にラウンドした時は、インパクトの音も、以前と比べたら、かなりいい音になって、距離もかなりで出ていました。いいショットが打てたので、少し浮かれていたこともありますが、9月29日にゴルフ場のクラブコンペがあり、意気込んでラウンドして、惨憺たる結果となりました。ショットが大きくフックして、池に2回放り込み、全くお話になりませんでした。


何故このような結果になったかと、自分なりに分析すると、1つは、練習して十分に身についた技術ではないにもかかわらず、もうこれで上手く打てると思い込んだ自分の油断、2つ目は、飛ばしてやろうと力んだことです。


ゴルフでは、ミスショットイコール力みと言って過言ではないでしょう。人には、力んでは絶対にダメですよと言っているにもかかわらず、力んで、大フックを打っている自分が、本当にアホな人間だと、帰りの車の中で自分にあきれていました。


現在、飛距離が出なくて悩んでいる人は、かなりいると思いますが、正しい練習をすれば、必ず飛距離アップ出来ます。私が、安定して飛距離が出るようになったら、ここで自分がしてきた練習方法を公開する予定です。早くその日が来てほしいです(自分が1番望んでいます)。



No,0084



上達***後編

写真:ウェッジ今仮に、アベレージが95ストロークぐらいの人がいるとします。この人の、7,8年ぐらい前のアベレージも、同じように95ぐらいというケースは、かなり多いのではないでしょうか。


前回も書きましたように、「何故うまくならないのだろう」と多くのゴルファーが嘆きますが、ここで考えてほしいのは、「どうして下手にならないのか」ということです。


つまり、95前後でラウンドできる「実力」を維持するための練習を、ずっと続けているのです。上手くもならない、下手にもならない、という人の練習は、昨日までやってきた練習を、そのまま繰り返しているだけです。たとえば、仕事内容が変わると、不慣れな仕事なので、今まで以上に集中しないとミスが起こったりするので、その日の仕事が終わると、ぐったりと疲れます。やがて仕事に慣れてくると、初めのころに感じた疲れは感じなくなるはずです。つまり、集中して何かを行えば、ストレスと疲れを伴います。


我々アマチュアゴルファーは、楽しみのためにゴルフをしているのですから、練習するたびに、ストレスや疲れをたくさん感じるのは、どうしても避けたいはずです。だから、慣れ親しんだ練習をして、ストレスや疲れを感じないよう、今までと同じ事を繰り返す、上手くもならない、下手にもならないゴルファーが生まれるメカニズムの、私なりの理解です。


では、どうしたらそれほどストレスや疲れを感じないで、集中した練習が出来るのかということです。それは、技術または、球筋を1つマスターすることです。たとえば、私はどちらかといえばスライサーである、という人ならば、半年かかっても、または1年かかっても、フックボールを打ちたいときに打てるようにすることです。ドローボールと言われるような、目標に右に出たボールが目標に戻ってくる、そんな完璧なものでなくてもいいですから、とにかく左に曲がる、それだけで十分だと思います。この、フックボールを打とうとする練習が、集中力を高めるのに効果があるはずです。


最初打てなかったフックボールが、時々打てるようになると、面白さも手伝って、より練習に集中できるはずです。一度試してみてください。



No,0083