選択されているタグ : ゴルフのアイテム

タグを絞り込む : AMATEURISM お店からの告知

ヘッドの大きさ

写真:ボールとアイアンゴルフボールの直径は、1.68インチ、やく4cm2mmであります。
その半分は、2cm1mmですが、ボールの上下方向に2cmずれたれたら、大変なミスショットだということは、容易に想像できると思います。


それでは、どのぐらいのずれがあると、ミスショットと感じるのかを、私とプロの佐藤丹美で実験してみました。


アイアンクラブのフェースには、スコアラインすなわち溝がありますが、溝と溝の間隔は、おおよそ3mmぐらいです。そして、フェースに感圧紙を貼ってショットするたびに、スコアライン何本分ずれたかを調べました。使用したクラブは、弊社のモデルのD-8で、私も佐藤丹美も現在使っているクラブです。


だいたい2人の感覚は一致していましたが、溝の幅1本か1本半ぐらいで、ナイスショットとハーフトップ気味のショットとなりました。具体的にあらわすと、下から6本目の溝から下に向かって、ボールのマークが付いたのがナイスショットで、下から5本目か、4本目と5本目の間からボールマークが付くと、ハーフトップ気味のショットでした。意識的にトップボールを打ってみて、溝3本ずれると、相当なトップボールという感じです。


仮に5番アイアンを使ってグリーンを狙った場合、溝1本か1本半ずれたら、グリーン手前のバンカーで、溝3本ずれたら、そのバンカーにさえ届かない、という感じでしょうか。


クラブのスウィートスポットの大きさを気にするゴルファーは多いし、スウィートスポットの大きさをアピールする宣伝も多くありますが、ノータッチでプレーしようとすれば、あまり大きなヘッドを必要ないように思えます。


写真のフラットバックの5番アイアンのフェースの大きさは、7cmから8cmぐらいあります。アマチュアが使うには、ヘッドが小さすぎるということはないと思いますが、いかかでしょうか。(ただし、大きなヘッドが、構えた時の安心感につながれば、それは大事なことで、そのクラブを使う利点はあります。)



No,0095



ゴルフクラブの販売

写真:お店に並んでいるクラブ私のところにレッスンに来られるお客さんで、先日ラウンドしたときの話になり、ドライバーで大きなバナナスライスが出て、3発OBがありよくなかった、と言われたのですが、
スウィングを見ると、スライスが出る傾向にありますが、大きなバナナスライスが出るようなスウィングではなかったので、アイアンはどうでしたかと聞いたら、アイアンはまあまあだったと言うのです。


そこで、クラブのセットを見せてもらったら、アイアンはグースネックのキャビティアイアンでしたが、ドライバーは400ccぐらいのもので、重心角がかなり小さく、どちらかと言えば、フックに悩む人用のドライバーでした。その人は、ゴルフを始めてまだ日が浅く、どんなクラブが自分に合うのかわからないため、お店に人相談したら、そのドライバーは良く売れているという理由ですすめられ、購入されたわけです。


私のところでは、お客さんがクラブを買いに来られたら、まずボールを打ってもらうようにしています。そこで、グリップとスウィングを見るのは当然ですが、ラウンドと練習の頻度を聞きます。何故かというと、ラウンドや練習の頻度が多い人は、重めのシャフトの付いたクラブをすすめ、反対の場合は、軽めのシャフトを勧めます。その理由は、ボールを打つ機会の多い人は、重めのクラブを使うことによって、全身を使ったスウィングになりやすく、いいゴルフの出来る可能性が多くなるからです。


体の具合が悪くお医者さんに行ったら、先生は何も診ずに、今は風邪がはやっていますから、風邪薬を出しておきましょうといったら大変です。その人は、おなかの具合が悪くてお医者さんに行ったのですから。ゴルフクラブをお客さんに売るのも、これと同じだと思いますが。



No,0088



クラブ測定

写真:クラブ測定器写真は、ゴルフショップなどにおいてあるクラブ測定器で、ロフト角、ライ角、フェースプログレッションなどが測れます。


シャフト交換の相談に来られるお客様の中で、「ボールの弾道が高すぎるので、シャフトを代えたら何とかなるだろうか?」というものが結構ありますが、そのお客様のドライバーを見せてもらうと、たいていの場合、表示ロフトより実際のロフトがかなり多いことがよくあります。


実際にあった例で説明しますと、日本の大手メーカーのクラブで、そのクラブはよく売れているものですが、表示ロフトは8.5度、実際に測定したロフトは10度を少し超えていました。スウィングを拝見したら、なかなかのハードヒッターで、ボールは上がり過ぎるだろうと感じました。このケースの場合、シャフトを変えても、極端に弾道が低くなることは期待できません(ただし、スチールシャフトに変えて、シャフトの長さを短くすれば、弾道がかなり低くなります)。アメリカの大手メーカーのクラブでも、このようなことはよくあります。


今から10年以上前であれば、表示ロフトと、実際のロフトにかなり隔たりがあっても、しょうがないところはありました。チタンの製造方法が色々研究され、どうしたら精度を上げ、またローコストで出来るのが、いろんな方法を試みたときです。チタンの製造技術がかなり進歩した現在で、なぜ表示ロフトと、リアルロフトにかなりの差が出るのでしょうか。


大手メーカーであれば、契約しているプロに支払うお金、広告宣伝費など、多額の経費がかかるのでしょう。また、メーカー同士の競争も激しいため、製造コストを少しでも下げる必要から、少しでも安く出来る方法、また、少しでも安く出来る場所を探すのは当然ですので、今のような状況は、ある程度今後とも続くと思います。出来るのであれば、購入する際に、クラブを測定してもらうと、間違いのないクラブが手に入ると思います。



No,0074