グリップの繊細さ

硬化したラバーグリップ

もの凄く硬化した、つるつるのグリップを使っている人を時々見かけます。カーボンシャフトより光っているような場合もありますが、そのクラブを借りてショットしたときに、よくミスショットが出ることがあります。思い返すと、トップよりダフルことの方が多かったように記憶していますが、最初の頃はたまたまのミスショットと思っていましたが、ある時偶然ミスが出たのではない、と感じるようになりました。

雨で濡れたグリップでショットした時に、まともにボールに当たらないことと同じ事で、グリップが滑らないように、無意識のうちにグリップを強く持つために、ミスが起こるのではないかというのが私の考えです。強くクラブを握ると、いつもより早くコックがほどけて、早くクラブが地面に落ちるのではないかと思います。

握る感触

写真は、ショップに展示してある45年以上前に製造されたクラブで、グリップは当時のままの革巻きです。すでに亡くなりましたが、戸田藤一郎というプロが時々自分で革巻きのグリップを、調子に合わせて巻き替えていたそうです。

昔あるトーナメントで、ギャラリーの1人が戸田藤一郎さんのバッグからクラブを抜いて、そのクラブを持ったのです。戸田藤一郎さんが戻ってきて、そのクラブを持ったとき、「誰か私のクラブを触りましたな」と言って、周りを見回したそうですが、そのぐらいグリップの感触を大事にしていたのです。

青木功プロは、毎試合自分で新しいグリップに変えていたのですが、グリップの感触を大事にしていたのでしょう。今述べた2人のプロゴルファーに共通していることは、傑出した業師(わざし)ということです。グリーン回りのショートゲームに要求される微妙なタッチや、弾道の高低などのボールを操る高度な技術は、繊細な感触を得るグリップと、密接な関係がありそうだと私は考えます。


「ナイスショットはもの足らないもの」佐藤精一プロの言葉

身体の仕組みから考える

本当に素晴らしい言葉です。長い間、プロゴルファーとして技術を磨いてきて、そしてたどり着いた言葉、又は技術の本質なのでしょう。「もの足らない」という感覚は、まだ十分に力を出していない、またはもっと力を出せる、もっと力を出せばもっと飛ぶ、そういう心境ではナイスショットは打てませんよ、と我々に教えて下さっています。

佐藤精一プロは、日本プロ、日本オープンの優勝者であり、本当の「技術」を持ったプロだと私は思います。かなり高齢(少し失礼ですが)になったとき、テレビのゴルフ番組で実際にプレーするのですが、小柄な身体からキレのあるショットを放ち、パーやバーディーを重ねていく技術は本物です。その頃の私は、技術を軽視していたわけではないですが、遠くに飛ばすには肉体面の向上の方に意識があったので、その時はそのすばらしさに気付いていませんでした。

筋肉はリラックスした状態、つまり力が抜けた状態の時が、一番速く動けるのですが、クラブを手にすると、力一杯振り回せば飛ぶのではないかと思いがちです。それを戒めるために、「もの足らない」と感じるときが、一番いいスイングなんだよ、という教えは簡単な言葉のようですが、深さというか、佐藤プロの努力の歴史を感じます。

身体の動きから考える

ボールを飛ばそうと思ったときに、おなかの筋肉に力の入る人はいないでしょう。同様に、足に力の入る人も、殆どいないはずです。力の入る場所は、腕又はグリップが殆どです。軽くボールを打っても、思いっきり打った時と距離が変わらない、又は軽く打った方が飛ぶことがあります。何故そうなるのでしょうか?

思いっきり打った時と、軽く打った時の腕以外の部分の動きはどうかとみると、腰や足の動きは変わらないはずです。パワーは足や腰の動きから多く出されますので、距離は同等以上に出ます。又、腕を積極的に使うと、下半身の動きは抑制されますから、逆に距離は低下します。

「もの足らない」ほどに腕の力を抜けば、下半身を中心とした大きな筋肉が効率よく動き、そして大きなドライビングパワーが生まれるのです。その事を、佐藤プロはわかりやすい言葉で、技術の神髄を我々に教えて下さっているのです。


[前に飛ぶ限り、ミスでは無い」 杉原輝男プロの言葉

ミスなのか、当然の結果なのか

私自身のことですが、最近ラウンドしていて、よくミスショットを打ちます。打ち方がよくないのは分かっているつもりですが、なんでこんなひどいショットを打つのか、ラウンド中もラウンド後も反省しきりですが、冷静に考えればミスでは無いのです。今の打ち方からすれば、出るべくして出たショットなのですが、自分はもっといいショットを打つゴルファーだと思いたいのでしょう。

他人のプレーをみていたら、厳しい言い方ですが、ミスショットをして当然と思うことがあります。ショートアプローチでのヘッドアップや、凄く力の入ったドライバーショットなど、打った本人はミスショットのあと嘆いていますが、やはり当然に見えます。多くのゴルファーは、よい結果を期待してボールに向かうわけですから、嘆きたい気持ちは理解できます。

杉原輝男さんが言いたいことは、ゴルフはナイスショットをつないでいく競技ではなく、ミスショットをつないでいく競技だよ、と言っているように私は想像します。風が吹いて、地形も平ではないコースで、ナイスショットを打つことは難しく、前にボールが飛んでれば、ホールに近づくわけだから、決してミスとは言えない、それほど思った通りにボールを打つことは難しいものだということでしょう。

ミスと思うか、ミスと思わないのか

練習場で時々出るナイスショットが、自分の本来のショットと多くの人が思っているのではないかと思います。又練習場のゴムマットで打つ場合、多少ボールの手前からクラブが入っても、多くの人がナイスショットと感じているので、コースで難しいライにボールがあれば、そこでミスが出る可能性は極めて高くなります。

多くのアマチュアは、ナイスショットを打とうと練習しているのに対し、恐らく杉原さんは、練習でミスが出たときに、何故そのようなショットが出たのか、その原因を徹底的に追求して練習を重ねてきたと思います。その厳しい姿勢で練習を重ねても、やはりミスは出る、ミスを打たないようにすることは、大変なことだと痛いほど実感しているから、「前に飛べば、ミスでは無い」という気持ちになったのかもしれません。

よいショットを打とうとして、そして打った結果が悪くて落胆するよりも、ミスでは無いのだから、次のショットに全力を注ごうという気持ちになる方が、よいゴルフができるように思います。この言葉の深さを感じます。