上手(うまい)と下手(へた)は何故生まれるのか

 「私はゴルフが下手だ」とか、「あの人はゴルフが上手い」と言う会話は、日常的に聞かれるものです。多くの人は、ゴルフを長くやっていればいるほど、それは生まれつきというか,または自分に与えられた才能だと思っているのでしょう。「上手い」「下手」の原因を深く考えるゴルファーは少ないように思います。
 このことを、ツアーに出ている女子プロゴルファーに当てはめて考えてみます。賞金王になるプロの,年間平均ストロークは70.0ちょっと、賞金ランク40位で72.0ぐらい、賞金ランク80位で74.0ぐらいです。賞金ランクのトップと,80位の選手で,4ストロークしか違わないのかと思う人は多いのではないでしょうか。
 この4ストロークがどこから生まれてくるか、これは技術の本質を探るために、深く考察しなくてはならないものです。
 25年以上前、弊社のクラブを使っている女子プロがかなりいましたので、トーナメントに赴き、練習ラウンドには,一緒にコースを歩きました。ある女子プロのプレーを見ていて、彼女がシード権がとれずに、3試合に2試合ぐらい予選落ちをする選手だとします。彼女のグリーン回りからのアプローチショットを見ていて、ボールのライもよく,カップ周辺も傾斜が弱く、50cmまたはそれ以下に寄せたいアプローチショットを、1mぐらいにしか寄せられないとします。
 50cm未満でしたら,試合の緊張した場面でも,外すことは殆どないと思いますが、1mは時には外れることがあるかもしれません。また、フォロースルーを髙くとる選手がいますが、こういうスイングをすると、ロングショッとが時々、右や左に曲がります。やはり、ショットが曲がれば,ボギーやそれ以上のスコアになる可能性が増えます。
 ゴルフは陸上競技などと違い、一つのプレーに対して,タイムや距離など、明確な結果が出るものでは無く、1つのプレーが自分の出すストロークに,どれぐらい貢献しているかはハッキリと分かりません。自分の技術の,どこを改善すれば「上達」出来るのかを,ハッキリ掴むことは,極めて難しいと言えます。技術の足らないところを,明確に指摘することが出来、正しい練習方法を教えてくれる人がいて、初めて「上達」出来ると言えます。
 上手い人は,上手く打てる技術を身につけており、そうでない人は、上手く打てない技術を身につけているのであって、才能などと言った、どうしようもないことではないと言うことです。それを理解していただければ、少し前進すると思います。