シャフト

 シャフトが飛距離に大きな影響を与えると、そのような宣伝が多くなり、またアマチュアゴルファーの感心、そして話題がシャフトに向けられるようになったのは、今から20年ぐらい前でしょうか。色んなシャフトメーカーの人が、私のショップに来られて、「弾きがよくて飛距離が伸びる、ねじれを押さえて方向性が安定する」とシャフトの性能が如何に優れているかを説明してくれて、それほど素晴らしいならと言うことで、沢山のシャフトを試してきました。

 試したシャフトの本数は、しっかり記憶はしていませんが、15本か20本ぐらいは試したでしょう。ある時、ラウンドするのに同じヘッドの新しいシャフトが装着されたドライバーと、ヘッドは同じで、以前に装着した軽量スチールのドライバーを2本もってコースに行きました。飛距離やコントロールの差を見たかったのです。

 コースは平らではなく、ボールが最初に落下した地形によっては、ランがかなり違うことはありますが,ラウンドを初めて2ホール目に新しいシャフトのドライバーと、軽量スチールのドライバーを打ったのですが、止まっているボールが殆ど同じ距離の所にあったのには、少なからず驚きました。自分の勝手な思い込みで、新しいカーボンシャフトは相当飛ぶと思ってたからです。

 おそらくそのあと10ホールぐらいで、2本のドライバーを打ち比べたのですが,当たりが同じぐらいの時は,10ヤードも違わなかったと記憶しています。ただ、スチールの方が飛んだことは無かったはずです。余りシャフトにこだわらない今の自分があるのは、このときの経験があるからでしょう。

 本当に飛距離が伸びるのであるならば、ドライーバーだけではなく、アイアンシャフトを開発したら良いと思います。同じヘッドで,シャフトを変えただけで,1番手や半番手飛ぶのであれば,こんないいことはないはずです。

 2ヶ月ほど前に写真のシャフトを使い始めたのですが、そしてしばらくはこのシャフトを使おうと思うのは、芯の付近で打った時の「打感」です。凄くいい手応えでした。カーボンシャフトがこの世の中に登場して,もうすぐ半世紀です。その間に,かなり進歩したはずですが、カーボンに変わる材質や、全く新しい製造方法が現れない限り、驚くような結果をもたらすシャフトを期待するのは難しいかもしれません。