何故クラブを替えないのか

クラブを替えると、何が良くなるのか

私は、今の使っているクラブでこの12,3年で替わったのは、シャフトが2本だけです。3番アイアンのシャフトがダイナミックゴールドから、10g軽くて先調子なダイナライトゴールドに、サンドウエッジのシャフトが、同じくダイナミックゴールドからDG Spinnerに替えました。

3番アイアンは、弾道が少し高くなり、距離も10ヤード弱伸びました。サンドウエッジは、フルショットした時の弾道が少し低くなり、グリーンから少し離れたアプローチが、多少ボールが止まるようになった気がします。両方とも、結果には満足しており、今他のものに替える予定はありません。

ただ、今までに色んな事をしてきました。シャフトやヘッドを結構試してきましたが、あまり良い結果がでないことが多かったような気がします。例を挙げると、少し軽いシャフトで、クラブの長さを1インチほど長くして、コースで試すと、良く飛ぶし、曲がりもあまりありません。ところが2、3ラウンドすると、何となく前より曲がるし、しばらく使い続けていると、そんなに飛んでないような気がします。たまたま自分の調子が悪かっただけのことかもしれません。

自分の変化に着目する

5、6年前に、12月から3月ぐらいまで、芝生が枯れるので、3番アイアンの代わりにと、ロフト20度のユーティリティを作ってコースで使い始めました。しばらくしてから、枯れた芝生の上にあるボールを、4番アイアンでショットしようとした時、一瞬大丈夫かなと思いながらショットしたら、結構ひどいミスショットになりました。自分はロングアイアンが好きなので、枯れた芝生でも4番アイアンをミスするなんて、想像もしていませんでしたが、現実にはひどいショットを打ったのです。

そこで、2番アイアンだけを2週間ぐらい打ち続けて、それからコースに行ったら、打つ前に「大丈夫かな」という思いは浮かばず、ショットしたらまあまあ打てたように記憶しています。このケースでは、3番アイアンの代わりにユーティリティを使い出した結果、4番アイアンが打ちづらくなった、それが自分の「変化」だったわけです。

今の道具を替えたら、より良いゴルフ、すなわち良いスコアや、もっと距離がでるようになれば、道具を替えたいのが本当の気持ちですが、今の自分にはそのような道具が見あたらず、しっかりした打ち方を、身につけるのが先決と考えています。

今使っているクラブが、構えたときにどうもしっくり来ないとか、十分なキャリーが出なくて、もう少しロフトのあるユーティーリティやフェアウエィウッドに替える、それによってアドレスしたときに安心感が得られるなら、それは替えるべきでしょう。私の場合は、4番アイアンをしっかりと打ちたいと選択したから、2番アイアンの練習をしたのであって、皆さんには皆さんの一番良い選択があるはずなので、それに従うのがよいと思います。