本年もよろしくお願いします。

新しい年が始まりました。またこの一年、私の考えや問題定義などしていきますので、お付き合いのほどよろしくお願いします。

フェアプレー

昨年は、オリンピックが開催され、色々と喜んだり、また残念な思いもしましたが、今振り返ると日本人選手たちのフェアプレーが思い返されます。私は、少し前まで男子の、特に海外で行われるサッカーには全然興味がありませんでした。相手からファウルを取るプレーが賞賛されるからです。

相手の選手に足をかけられると、大きなジェスチャーをして倒れるのを見ると、いやな気分になるので見ないようにしていました。時には、ハイスピードでリプレイすると、足がかかってないのに、痛そうな顔をして倒れる選手を見るだけで、本当にうんざりしていました。

しかし、日本の女子サッカーや女子バレーの選手を見てると、十分な実力があるだけでなく、正々堂々としたフェアプレーには、品格や志の高さを感じ、これぞ日本を代表する選手なのだと感じました。

八重の桜

先日、今年からスタートしたNHKの大河ドラマ「八重の桜」を何気なく見てました。しかし、しばらく見ていたら、これは良いドラマだと心底思いました。「ならぬことは、ならぬ」と教えることが、今はあまりないようですから、このテレビを見て、少しでも感じてくれればと思います。

子供たちが、「卑怯なことをしてはならない」とか「弱いものをいじめてはならない」と声を合わせているシーンがありましたが、本当に大切なことです。スポーツにおいても、卑怯なことをして勝てば、また次の機会に卑怯なことをして勝とうとするでしょう。ここからは、憎しみが生まれ、打ち解け合う心は生まれないでしょう。「八重の桜」に期待してます。