調子が悪い!?

写真は,私が今使っているアイアンですが、フラットバックを使う理由の1つに、芯を外してショットしたらすぐにわかる、ということがあります。フォーム、または技術というものは,常に動く、または変化しやすいものだと思います。

調子が悪い

「今調子が悪い」と口にする人は多いです。調子の悪い人に,いつ頃から悪いのですかと尋ねると,中には2、3年前から悪いと答える人がいます。2、3年も悪ければ,調子が悪いのではなく,実力が落ちたと考えるべきではないでしょうか。

調子が悪いという言葉は,調子が元に戻れば、またいいゴルフが出来る、という安心感を自分に与えます。これが、調子が悪いという状態から抜け出せないのではないでしょうか。

同じ事の繰り返し

調子が悪いと言っている人の中に,同じ練習をくりかえしている人が圧倒的に多いように感じます。首をかしげながら、またはグチを言いながら同じ練習をしている、だから好転することはないのでしょう。

石川遼プロは、調子が悪いのか?

ショップに来られるお客様から、「遼くんは調子悪いね」と問いかけられることがよくあります。気心が知れたお客様には、「調子が悪いのではなくて、今のが彼の実力なのではないでしょうか」と答えることがあります。

彼のショットを、飛球線に対して後方から撮った映像を見ると、フォロースルーで,腕と身体の動きの一体感がなく、曲がりそうな打ち方だなと,私には感じられます。彼の今の成績は、たまたま悪いのではなく,実力が成績に反映されているのだと思います。

技術を追求するときの心構えとして、調子が悪いのか,実力なのかを峻別しなくてはいけません。本人が,実力が落ちているとはっきり認識したとき、初めて本当の自分に向き合える時ではないでしょうか。