選択されているタグ : AMATEURISM

タグを絞り込む : youtube お店からの告知 ゴルフのアイテム ゴルフのスキル ゴルフ理論 四方山動画

調子の悪い時に使うクラブ!?

私が今使っている3番アイアンの写真で、上がポケットキャビティのクラブで、下がフラットバック(またはマッスルバック)のクラブですが、状況によりどちらかのクラブをキャディバッグに入れてコースに出かけます。スペックは、どちらも38.5インチで、ロフトは20度と同じですが、弾道はポケットキャビティのほうがかなり高くなります。

このクラブを使い分ける理由は、3番アイアンの距離で、手前にハザードなどがあり、高い球を打ちたい時にはポケットキャビティのクラブを使い、そうでない時はフラットバックのクラブを使います。ただし、調子の悪い時はポケットキャビティで、調子のいい時はフラットバックを使うという事は決してありません。

一般的には、フラットバックは難しいクラブで、キャビティバックは簡単なクラブ、と言われることはよくあります。例えば、フラットバックとキャビティバックのアイアンを持っている人がいたとします。「調子のよいときはフラットバックを使い、調子が悪くなるとキャビティバックを使う」という意見は、非常に的を得た意見のように聞こえますが、本当にそうでしょうか?

調子がよくなったり、悪くなるということは、ボールを打つという技術が常に動いている(変化している)ということなので、やさしいクラブを使うことによって、悪い方向に向かっている技術が、そこで止められるという保証は何もありません。さらに悪くなることは、十分にありえることです。

我々アマチュアは、ゴルフに対する関わり方は千差万別で、仕事の付き合いでプレーするのは1年に2,3回という人もいれば、毎月月例競技などに参加して、少しでもハンディキャップを少なくして、より上のレベルで競技に参加したいという人もいます。 前者のような人は、技術の向上など殆ど興味がないかもしれませんが、後者の人は常に技術の向上に意識があると思います。

ボールを打つ技術が悪くなってきたら、よりやさしいクラブに替えても、事態はよい方向に向かうことは考えにくく、やはり今の自分の技術にとことん向き合うしか方法がないと思います。不調の原因を探し出し、それを直す練習を続けるだけでしょう。もう1つ言えることは、調子が悪くなり始めたら、早い時期に治せば直すほど、調子が元に戻るのも早いといえると思います。それから考えると、ナイスショット、ミスショットがはっきり出るクラブのほうが、自分の技術をよい状態に保つにはよいといえるかもしれません。


ダレン・クラーク選手

私が、ダレン・クラーク選手を注目したのは、2000年のアクセンチュア・マッチプレー選手権の決勝戦で、その当時無敵のタイガー・ウッズ選手を36ホールのマッチを、4アンド3で下した時です。その時のタイガーは、今と違って本当に無敵でした。確か、アーニー・エルス選手が「我々は、もっと現実的にならなけれがいけない。我々は、タイガーのライバルではないんだ」といったことを記憶しています。

その年に行われた全米オープンは、昨年開催されたペブルビーチと同じコースだったのですが、2位に15ストローク離して優勝したのです。昨年の優勝スコアは確かパープレーでした。タイガーが優勝した時に2位だったのは、アーニー・エルス選手だったのですが、彼のスコアは3オーバー。そして、タイガーのスコアは12アンダー。このあたりで、先ほどのエルス選手の言葉が出たのと思います。彼の実力は、他のプロゴルファーを大きく引き離していました。

そのタイガー・ウッズ選手を、2000年のマッチプレー選手権で、しかも決勝戦で大差で破ったのですから、私にとって注目すべき選手になりました。決勝戦ともなれば、タイガー・ウッズ選手も相当モチベーションが高くなるはずで、しかもマッチプレーを得意としている彼ですから、相当の確率でウッズが勝つものと思っていたので、かなり驚いたことを記憶しています。

彼はお酒が好きで、また豪快な性格のようで、ツアーでも人気者のようですが、、彼はプレー中に同伴競技者にもの凄く気を使うプレーヤーです。他のプレーヤーがショットしようとする時に、ギャラリーが動いたり、声を出そうとすると、穏やかな表情でギャラリーを制しようとします。彼のその人間性を見ていると、自然と応援したくなるものですが、この数年メジャートーナメントに名前が出てこないので、ゴルフの調子が悪いのかなと思っていましたが、今回の全英オープンで、その理由が2006年の奥さんの他界で、自分の子どもたちに食事を作ったりしていた、ということを知って納得できました。

しかし、この数年、十分な時間をゴルフにつぎ込めなかったかもしれませんでしたが、彼のゴルフは全く錆び付いていなかったことを証明しました。優勝トロフィーを手にした時の彼の表情は、色んなものを乗り越えてきた、大人の男の顔をしていて、感慨深い表彰式と私の目に映り、思い出に残るトーナメントになりました。