選択されているタグ : 雑談

視力

写真:私の目写真は、私の目です。何故、こんな写真を出したかというと、先週の日曜日、4月15日に近視の矯正手術を受けたからです。


私は、小学生のころから目が悪く、現在では0.02ぐらいしか見えませんでした。めがねや、コンタクトレンズをしなければ、全く見えず、夜などはゆっくりでも歩くことさえ出来ません。目の良い人には、信じられない話でしょう。


外出する時は、予備のメガネとコンタクトレンズは、いつも持ち歩いていました。それだけ不安があるのです。ハードコンタクトレンズを使用していたので、ゴルフをしている時、目にゴミが入ると本当に痛く、でも、メガネだと十分な視力が出ないので、我慢して使うしかなかったのです。


私の受けた手術は、角膜に小さな切り口をつけて、小さくやわらかいコンタクトレンズを目の中に入れるというものです。片眼で、約10分ぐらいの手術ですが、手術が終わったあと、目の中にコンタクトレンズが入っているという感覚が、全然ないのにはビックリしました。そして、今は1.2ぐらいは見えます。


あまり長くパソコンの画面を見ていると、疲れてきますので、今回はこの辺で終わりにしたいと思います。



No,0101



水について

写真:穴の谷の霊水スポーツをやっていると、食べ物に気を使います。時どき栄養学の本を見たりしますが、毎日の生活で一番摂るものは水でしょう。氷の入った水を飲んだり、お茶やコーヒー、そして味噌汁にもたくさん水を入れます。


この水は、水道の蛇口をひねれば出てくるし、多くの人がこの水を飲用しているのでしょう。しかし、この水道水の中には、殺菌のために塩素などが入っているのです。私は、以前から水道水をあまり飲まない方が良いと思っていましたが、3年前に飲み水をかえるチャンスがめぐってきました。私の母は、糖尿病だったのですが、医者の言うことを無視して、薬を飲まずにいたので、動脈硬化となり、心筋梗塞をおこし大きな手術をして、10ヶ月ほど入院していました。


毎日沢山の薬を飲まなくてはならず、髪の毛が抜けて、白髪交じりの毛が少し残っただけでした。ある時、お客さんの1人から、富山の「穴の谷の霊水」(あなんたんの霊水、と呼びます;写真)が、糖尿病やいろんな病気に効くと言われたので、富山県までその水を取りに行きました。そして、その水を飲み始めてから1ヶ月半ぐらい経ったとき、母親の雰囲気が何か違うような気がして、顔をよく見ていたら、黒い髪の毛が生えていることに気づきました。これには、びっくりしました。そして、今でも黒い髪がふさふさ生えています。また、この水は血糖値を下げる働きがあり、私の周りでも、この水を飲んで血糖値が下がった人は何人もいます。


岐阜県洞戸村に、高賀神社というところがあり、ここにも湧き水があります。マラソンの高橋尚子選手が、レース中にここの水を飲むということで有名になり、多くの人が水を取りに来ています。私も、1ヶ月か1ヵ月半に1度、水を取りに行き、飲料用、料理用の水は、すべてこの水を使用しています。これらの水をご飯や、料理に使うと、味がよくなります。


これらの水を飲むようになって変わったことの一つに、肌の保湿性がよくなりました。冬の間、お風呂から出ると、前は絶対にハンドクリームをつけていましたが、今は殆どクリームをつけません。女性の方には、特に必要かもしれません。


私の所から、高賀神社まで1時間10分ぐらい、また、富山県の「穴の谷の霊水」の所までは4時間半ぐらいかかります。ですから、富山県は1年に1度しか行きませんが、1年経っても水は腐りません。


今回は、水にかかわる私の体験談でした。



No,0044