選択されているタグ : 野球の話

自主トレ

写真:毛糸の帽子今回のテーマは、「自主トレ」ですが、プロ野球選手は、自主トレを行う時、写真のような毛糸の帽子をよくかぶるので、ナイキの帽子を今回の写真にしました。


プロ野球選手は、2月1日のキャンプインに合わせて、今自主トレをほとんどの選手がしています。新聞やテレビで、その模様が報道されますが、その中の記事の中で私の興味を引くのが、「自主トレの間は、バットは振らない。」、「体をしっかり作ってからでないと、バットは振らない。」とコメントしている選手を多く見かけます。


確かに、ホームランを打とうと思えば、インパクトのとき、相当なスピードがなければホームランは打てないでしょう。だから、そのスピードが出せる体が出来るまで、バットは振らないという意見は、もっともだと思います。


これに対して、シアトル・マリナーズのイチロー選手は、今日から自主トレを始めましたという、テレビや新聞の報道には、バッティング練習をしているところが必ず登場しています。イチロー選手は、十分に体が出来る前から、バットを振っているわけです。


これは、両者のバッティングに対する考えの違いがあらわているのでしょう。おそらく、イチロー選手の考えには、体勢を崩されてボールを打つことがあり、また、自分の体のコンディションの悪い時や、雨などの気象条件により、ベストの状態でボールを打つことが出来ない時があるわけですから、それにいかに順応するか、言うならば「自然体のバッティング」を追求している様に思われます。


私は、イチロー選手が考えているであろう、「自然体のゴルフスウィング」を目標としています。ボールを打つ前に、十分なストレッチをしなくてはスウィングが出来ない、というのではなく、体が冷えて硬く感じたら、その状態でそれなりにボールが打てる、さまざまな条件の中で、それに順応してスウィングできるのがいいように思われます。ただし、私はウォーミングアップが不要といっているのではありません。ケガ防止のためにも、十分にウォーミングアップをしてから、練習を始めたり、ラウンドをしてください。



No,0093



高校野球

写真:野球ボール今年の夏の高校野球は、大変な盛り上がりでした。私も、決勝戦は本当にドキドキハラハラしながらテレビを見ていましたが、よく考えると、どちらのチームを応援していたわけでもないのに、なんであんなにドキドキしていたのか、今思うと不思議な気がしますが、必死なプレーに心惹かれていたのでしょう。


こんな私も、2,3年前まで殆ど高校野球を見ませんでした。何故かというと、昔あるゴルフ雑誌の編集長と話をしていて、話題がテレビの放映料の事になり、民放とNHKではお金の流れが正反対だということです。つまり、民放では、テレビで放映したもらうために、テレビ局のほうにお金を支払うのに対して、NHKで放映する場合は、NHKの方から主催者に対してお金が支払われるそうです。


その話を聞いた時、高校野球では、昔は夏の大会しかなかったのが、春の選抜大会ができたのは、NHKで放送が始まったすぐ後のような気がしますし、大相撲も、昔は年2場所だったのが、現在の年6場所になったのも、NHKで放送が始まった直後のような気がします。


高校野球も、大相撲も、かなりの長い時間放映されていますから、相当な金額がNHKから、主催者の方に支払われているようです。それを知った時、高校野球の主催者は、お金儲けのために、選手の体を犠牲にしてもかまわない、そう感じた時から、高校野球を見なくなりました。ピッチャーの場合は、腕や肩を相当に酷使しますから、毛細血管がかなり切れてしまうそうで、その回復に数日かかるようです。4日も、5日も続けて投げることが、どれだけ選手の体を傷つけているか、大会のやり方を検討しなくてはいけないように思います。


私の2人の子供たちが、高校で野球部に入り、子供たちが出ているその試合を見るようになって、また、子供たちにつられて甲子園を見るようになり、選手のひたむきなプレー振りや、スポーツマンらしく明るい笑顔など、本当に気分よくテレビを見れました。選手のインタビューを聞いていても、礼儀正しい言葉遣いで、そして若者らしさが溢れていて、こちらが気分爽快になります。最近では、ボクシングの親子の礼を失した態度を、面白がって取り上げているマスコミや、公の場所で周りの迷惑など無視して騒ぎまくる若者をニュースなどで取り上げていますが、高校球児たちを見ていると、いっぱい素敵な若者がいるんだと、とっても安心できました。



No,0081



子供のスウィング

写真:バット写真は、ショップの2階にある練習場に置いてある、硬式用の木のバットで、途中が折れていて、ガムテープが巻かれています。私の2人の息子が野球の練習中に折ったのですが、2人とも高校の野球部に属しており、長男はキャプテンをしているので、がんばっていますが、最近ボールがうまく当たらない、また、当たったとしてもボールが飛ばないと、非常に悩んでいます。


私の家には、スポーツ科学に関する書物が多々あり、それが長男に「悪い影響」を与えたようです。長男自身も本屋さんに行って、バッティングの技術に関する本や、トレーニングに関する本を買ってきて、色々と研究しているようですが、完全に「頭でっかち」になっていて、スウィングそのものがぎこちなく、当然ボールも飛びそうにないフォームになっています。


数日前、昔の写真を見ていたら、2人の息子が小学生のときに撮った、バッティングの写真がありましたが、それを見ると下半身を大きく使った、非常によいフォームをしていました。私の古いアルバムにも、私が小学校6年生ぐらいのときに写してもらった白黒の写真で、インパクトのものがありますが、自惚れではなくかなりダイナミックなスウィングをしています。


「子供は体が柔らかいから、いいフォームになる」という意見をよく聞きますが、いいフォームになるのは、子供の筋力不足がより多く貢献していると私は考えています。


少年用の野球バットでも、ジュニア用のクラブでも、子供にとってはかなり重たいのかもしれません。それを速く振ろうとするので、力のある下半身を積極的に使うのでしょう。ジャック・ニクラウスがいうように、「スウィングに関するもののうち、90%以上は下半身に関係している」は、非常に賛同できます。とことん力を抜く練習をすれば、必ず上達できると思います(が、これを行うことは、決して容易ではないようです。飛ばし=力 と考えがちですから)。



No,0072