選択されているタグ : スポーツ全般

オリンピック

パソコンのハードディスクが壊れて、仕事ができませんでした。パソコンは壊れないだろうと甘く考えていて、データなどバックアップしておらず、また、1台のパソコンだけでは、故障があるときはまったくのお手上げになると、今回は本当によくわかりました。


仕事の中でパソコンが占める割合が大きくなってきたので、これからは仕事に支障が生じないように、万全の体制をとりたいと思っています。


24日の早朝、フィギィアスケートの荒川選手が金メダルを取り、テレビを見ていて本当に感動しました。この日は、日本ゴルフフェアに行く日だったのですが、荒川選手がトップに立ったので、家から出るに出られず、乗る新幹線を大分遅らせて、表彰式まで見てしまいました。本当にうれしかったのですが、それは下記に述べることに関係していて、「本当によくやった」と叫びたかったです。


オリンピック、特に冬季オリンピックの競技において、採点方法やルールなどがよく変更になります。スキーのジャンプで、原田選手がスキー板の長さが少し長くて失格になりましたが、そこではじめて知ったのは、体重によって使用できるスキー板の長さが変わるという規則です。体重が軽い選手ほど、短いスキー板を使用しなくてはならないというもので、スキー板が短くなればなるほど、浮力が少なくなり、当然飛距離は伸びなくなるのでしょう。ニュースでやっていましたが、ずいぶんと細かく体重が分けられていて、58kg、59kg、61kgなんていう数字がテレビに出ており、「何じゃこりゃ」という感じです。


長野オリンピックで、日本の選手がスキーのジャンプで大活躍をして、ずいぶん盛り上がりましたが、その後、身長によってスキー板の長さが規制されました。すなわち、背の低い選手は短いスキー板しか使用できない、欧米の選手に比べると、日本の選手は背が低いので、不利なスキー板を使わされるわけですが、日本の選手たちはこれを克服すべく、体重を落として浮力を得ようとしたわけです。体重を落としながらトレーニングを続けるなんて事は、ものすごくつらいことだと思いますが、それを乗り越ええて、またよい記録を出した選手達は、尊敬に値すると思います。


その次のルール変更は、体重制限。このルール変更は、特定の人間によい記録を出させないためのもの、こう断言してもよいでしょう。これらのルール変更に携わっている人たちは、「すばらしい技術」を、すばらしいと認める心を持っていないのでしょう。


ある本を読んでいたら、こう書いてありました。人間には2種類ある、じぶんよりすぐれた人物がいたら、努力してそこまで上がろうとする人間と、その優れている人物を、自分のレベルまで引きずりおろそうとする人間である、当然前者の人間になるべく努力しなければならない。ルール変更を頻繁に行っている人は、当然後者の人間に属するのでしょう。


荒川静香選手は、ルール変更によって「イナバウワー」という技がおおきく加点されなくなったにもかかわらず、オリンピックの大観衆の前でそれを披露した、彼女の「志」の高さが、大観衆を魅了し、そしてほかの選手を圧倒してのではないでしょうか。彼女を、本当に誇りに思います。



No,0063



雑談

写真:コーヒーきょうは、写真のようなコーヒーを飲みながらの、雑談にしたいと思います。


以前、ゴルフ会員権の名義変更料について書きましたが、司法書士を通じて預託金の返還を請求したところ、ゴルフ場側から預託金の返還に応じる連絡がありました。このゴルフ場の会員権の相場は40万円くらいですが、名義変更料が200万円と高く、あまり買い希望は多くないようです。今回請求した預託金額は65万円で、マーケットで売るよりは多くの金額が手元の残るので、大成功といえるでしょう。


女子プロの宮里藍選手は、先週の試合を欠場しましたが、新聞によると左足の付け根の関節を痛めたとか。彼女は、去年と今年の2年間で3回試合を欠場をしていますが、見るからに怪我をしそうなスウィングに、私の目には映ります。


左かかとを上げないで、上半身を大きくひねるバックスウィング。以前ここで書きましたが、彼女の左つま先は、トップオブスウィングで少し浮いていますが、これはヒールアップを我慢している動作で、今回の怪我と全く無関係のような気がしません。また、テークバックでは左腕、フォロースローでは右腕を真っ直ぐに伸ばしますが、これも怪我につながりやすいと思います。実験するとわかりますが、肩や腕の筋肉を触りながら、少し肘が曲がった腕を真っ直ぐに伸ばすと、筋肉が硬くなるのがわかります。筋肉を柔らかく使った方が、怪我をしないと思います。


デビット・デュバル選手が、久しぶりにテレビの画面に登場しました。ダンロップ・フェニックストーナメントで、初日首位に立ち、新聞の記事を読むと、10代のころのスウィングを撮影したビデオを探して、それを参考にしながら昔のスウィングに戻したそうです。私がここで不思議に思うのは、5,6年ほど前にスウィング改造に着手した時、その時のスウィングに欠点があるから、改造を始めたはずです。その時の、デュバル自身のスウングに対する考え、または、彼にコーチがいたら、そのコーチのスウィングに対する知識など、十分なものだったとは言えないと思います。


最近のアメリカの選手のスウィング改造で有名なところでは、デュバルのほか、ウッズとミケルソンがありますが、彼らはスウィング改造後にスランプに陥っています。メジャーリーグを見ていても、イチロー選手のような、スピーディでしなやかな動きをする選手は少ないようで、多くのメジャーリーグの選手は、ウェートトレーニングで筋肉隆々の身体ですが、走る姿を見てもドタドタしたような走り方の選手が目に付きます。思ったよりも、スポーツに対する知識や考え方は、アメリカは進んでいないように感じます(生意気かもしれませんが)。



No,0055



プロの言葉

写真:練習風景我々アマチュアからみると、プロと名のつく人は、雲の上の存在です。プロゴルファー、プロ野球選手は、当然ながらアマチュアとは比べものにならないプレーをします。ところが、「出来ることと、知っていることは、全く別のこと」ということ知っておかなければなりません。


野球中継を観ていると、ピッチャーの腕の振りについて解説しているのを、時どき耳にしますが、「腕をしっかりと振らなくてはいけない」というのは間違いです。腕だけの重さは3,4Kgぐらいで、これを思いっきり振っても大きなパワーは生まれず、速いボールを投げるためには、ステップ幅を広くして、軸足から前足に体重をすばやく動かす時に、大きなパワーが生まれます。ジャイアンツの工藤投手ののピッチングフォームを見るとわかりますが、彼がボールを放したあとの腕の振りは、決して大きくありません。42歳であの活躍は、本当にすばらしいですね。


トーナメントプロを教えるプロが言っていたそうですが、ピッチングウェッジでショットする場合、バックスウィングが10時の大きさで何ヤード、11時の大きさで何ヤードの飛距離になる、というのもおかしな話です。バックスウィングは、何故行うかといえば、ボールを打つ動作(フォワードスウィング)の「反動」なのです。


では、何故人は「反動」という動作をとるのでしょうか?筋肉には、バネの要素というものがあり、筋肉をすばやく伸ばすと、筋肉はすぐに縮もうとする性質があり、腹筋運動をする場合、上体が床についたらすぐに起き上がると比較的楽なのに、上半身が床についたとき、完全に動きを止めて、もう一度起き上がろうとすると、結構しんどいはずです。この腹筋運動からわかるように、筋肉のバネの力は結構大きなもので、人は何らかの作業を行う時、より大きなパワーを出すために、これから使おうとする筋肉をすばやく伸ばして、筋肉の縮む力と、筋肉自体の力をあわせた大きな出力を得ようとするのです。バックスウィングをどのくらい上げようかなんて考えていると、本来の「反動」としての動きが出来ず、正確にボールに当たらないだけではなく、パワーの低下にもつながりすます。


写真は、フォロースルーで、クラブのシャフトが、背中に対して直角の位置に振りぬかれていることを表すために撮りました。遠心力は、背骨に対してほぼ直角の方向に働きますから、両腕の力を抜いてスウィングすれば、この位置にクラブが勝手にむかうはずです。スウィングは、実にシンプルなものだと、私は考えております。プロが言った言葉だからといって、鵜呑みにすると、スウィングや身体を壊すことさえあるかもしれません。



No,0049