選択されているタグ : スポーツ全般

欠点はなぜ治りにくいのか

練習しなくても、スイングは変わらない

私の会社は、15年ほど前まで練習場をやっておりました。練習場を閉鎖したあとも、ショップの方に買い物に来られたり、練習にみえる方もいらっしゃいます。中には、しばらくゴルフから離れていて、また再開したので、新しいドライバーを買いに来た、そのようなお客様の時々みえます。

プロ、アマを問わず、全てのゴルファーは「くせ(または個性)」を持っています。昔よく練習場に来られていたお客様が、10年間ゴルフをしていなく、また始めるのでクラブをそろえると言うことで、最初に試打クラブを打ってもらうと、昔の打ち方と全くといって良いほど同じです。その人は、テークバックの始め、かなりインサイドにクラブを引いて打つのですが、10年間クラブを持っていなくても、同じ動きを再現します。

私は、同じようなことを何度も見てきましたが、一旦からだが覚えた「動き」は、練習している、していないにかかわらず、身体から離れることは無いものだと感じます。だから、一旦身についた技術を変えようとすることは、想像しているよりはるかに大変な作業だと思います。ある程度の年数、ゴルフをしてきた人に、今のレベルから大きく上がることは、かなり不可能に近いと悲観的なことを言うのは、このような経験によっていると思います。

練習を継続していても「くせ」は出るもの

ホームラン王だった王貞治氏が、打ち方を変えてから数年は、悪い癖が何度でも出てきて、そのたびに調子を落とす、そしてまた懸命に練習を重ねてその癖を直す、それを本で読んだとき、ある面で凄く安心しました。あれだけの凄い記録を残した選手が、「技術」を変える過程で、同じ癖に何度も苦しむ、これが本当の姿なのだ、ということが分かったのが、私にとって大きな収穫になりました。

写真のジョーダン・スピース選手の、中学生ぐらいの時のスイングをテレビで見たことがありますが、今と同じで、フォロースルーでやや左肘が曲がっていたし、スイングのリズムなんかも、今とそっくりでした。もし、彼が左肘が余り曲がらないスイングに変えようとすると、相当な困難を伴うし、ひょっとしたら治らないかもしれません。肘が曲がっていることは、大きな欠点とは思いませんので、治すことはないのでしょう。

プロ野球の選手が、毎日練習をしても、なかなか治らないことが、我々アマチュアが時々練習をして治そうとしても、目的を達することは難しいと思います。ただ、上達を諦めることはないので、今の打ち方の中で、どこを治せば早く結果が出るのか、そこを見極めて、半年、1年とその練習を続ければ、スコアアップにつながると思います。「見極め」のできる人が、近くにいることが必要不可欠です。


グリップの繊細さ

硬化したラバーグリップ

もの凄く硬化した、つるつるのグリップを使っている人を時々見かけます。カーボンシャフトより光っているような場合もありますが、そのクラブを借りてショットしたときに、よくミスショットが出ることがあります。思い返すと、トップよりダフルことの方が多かったように記憶していますが、最初の頃はたまたまのミスショットと思っていましたが、ある時偶然ミスが出たのではない、と感じるようになりました。

雨で濡れたグリップでショットした時に、まともにボールに当たらないことと同じ事で、グリップが滑らないように、無意識のうちにグリップを強く持つために、ミスが起こるのではないかというのが私の考えです。強くクラブを握ると、いつもより早くコックがほどけて、早くクラブが地面に落ちるのではないかと思います。

握る感触

写真は、ショップに展示してある45年以上前に製造されたクラブで、グリップは当時のままの革巻きです。すでに亡くなりましたが、戸田藤一郎というプロが時々自分で革巻きのグリップを、調子に合わせて巻き替えていたそうです。

昔あるトーナメントで、ギャラリーの1人が戸田藤一郎さんのバッグからクラブを抜いて、そのクラブを持ったのです。戸田藤一郎さんが戻ってきて、そのクラブを持ったとき、「誰か私のクラブを触りましたな」と言って、周りを見回したそうですが、そのぐらいグリップの感触を大事にしていたのです。

青木功プロは、毎試合自分で新しいグリップに変えていたのですが、グリップの感触を大事にしていたのでしょう。今述べた2人のプロゴルファーに共通していることは、傑出した業師(わざし)ということです。グリーン回りのショートゲームに要求される微妙なタッチや、弾道の高低などのボールを操る高度な技術は、繊細な感触を得るグリップと、密接な関係がありそうだと私は考えます。


「ボールを打つ」という意識の必要性

名手のとんでもないミスショット

昨年のマスターズトーナメントのことですが、最終日首位を行くジョーダン・スピース選手が、アウトを終えた時点で確か5ストロークのリードをしていました。客観的にみて、彼の優勝だと思った人は少なくないと思います。ところが、10番、11番と連続ボギ-、そして12番のショートホールで、ティーショットを池に入れたあと、ドロップエリアでのスピース選手の仕草をみていて、相当動揺しているなと感じました。

グリップをタオルでせわしなく拭く仕草や、キャディーと話すときの険しい顔など、よく見るスピース選手の動作ではないと、明らかに見て取れました。それは、マスターズトーナメントという大舞台で、それも30、40分ぐらい前までトーナメントを大きくリードしていたのですから、現在の状況に考えたら、やむを得ぬ事でしょう。

ドロップエリアから打ったウエッジのショットは、アマチュアがやるような「ダフリ」で、池の一番手前に「やっと入った」というようなものでした。スピース選手は、トッププロの中でもウエッジの上手い選手です。その選手が、大事な試合の最中に、アマチュアが打つような凡ミスをする、テレビを見ていて信じられない思いでした。

単純に「打つ」がいかに大事か

ドロップエリアでのスピース選手の気持ちを推察すると、少し前まで2位を大きくリードしていたのが、今はそれがない、下手をするとトップではないかもしれない、後悔や焦りなどの気持ちが、心を占めていたのでしょう。そのような精神状態でショットをすると、名手でもとんでもないミスショットを打つ、私にとっては凄く参考になる出来事でした。

自分の痛い経験からも、よいゴルフをしていたにもかかわらず、一つのミスショットから、その後のショットが全く駄目になった、そういうのを何度も経験しました。自分としては、さっきまでと同じようにボールを打っているつもりでも、全く当たらなくなってしまう、その原因がよく分からなかったのですが、今はかなりハッキリしています。

ショットをするに際して、「今までよいゴルフをしていたのに」「あのミスショットがなかったら」などという気持ちが心を占めて、目の前にあるボールを打つという気持ちがなくっていたのです。

多くの方に経験があると思うのですが、何にも考えずに単純にボールを打つ、調子のよいときはそうしてショットしている人が殆どではないでしょうか。単純で、凄く当たり前のようなことですが、ボールを打つことだけを考えていることは、ボールを打つことに凄く集中している状態と言えます。皆さんは、どのように思われますか?