選択されているタグ : ゴルフ理論

タグを絞り込む : AMATEURISM ゴルフのスキル

フォロースルーを意識すべきか

不自然な動き、作られた動きが失敗を招く

写真のようなトッププロのフォロースルーは、力強く美しく見えます。だから我々アマチュアは、このようなフォロースルーをとりたいと願います。肘の曲がったフォロースルーは、絶対にとりたいと思いません。ですから、練習ではあこがれのフォロースルーを取れるように努力しますが、これをしているとボールにジャストミート出来にくくなります。

2年ぐらい前のことですが、しっかりとストロークできるよう、ショートパットの時、フォロースルーを意識していましたがよくはずれるのです。ラウンド中にどうしても入れたいパッティングに直面したとき、「何が何でも入れたい」という気持ちでパッティングすると、パットが決まるときはパターのヘッドがインパクト直後に止まっています。フォローが全然とれてません。

考えてみれば、パッティングの上手いプロを見ていると、フォロースルーを取っていない人が多くいます。そこで、フォロースルーを意識的にとる動きは、不自然な動き、または作られた動きであることに気づいたのです。

ボールを打つことのみに意識を集中する

それでは、ボールを打つとき全くフォロースルーを意識しないかといえば、100%ないとは言えません。低い弾道のショットを打つときは、いつもより左方向(インサイドの方向)にクラブを抜きますし、高い弾道のショットはその逆に方向にクラブを抜きます。

ただこれは、低いショットや高いショットを覚えはじめたときは、かなり意識をしてクラブの動く方向を気にしていましたが、今ではそれを身体が覚えて、実際にコースでボールを打つときは、「低いボールを打つ」という思いだけでボールを打ちます。だから、フォロースルーは意識していません。でも、調子の悪いときは、コースで色々考えて失敗しています.だから、そう言うときは開き直ってボールを打つことのみに集中します。

大事なことは、ゴルフのスイングは特別なものではなく、他のスポーツや一般の作業と同じ仕組みで力を出します。金槌で釘を打つとき、釘を見ているだけで、どこに金槌が振り上がったのか、何も気にしないはずです。そして、金槌と釘がぶつかった後のことは何も考えないはずです。

調子が悪いといって相談に来られる人によく見られるのが、フォロースルーを意識した動きです。インパクトでおしまい、という気持ちでボールを打つことによって、調子が上がることが多いので、是非試してみて下さい。


先入観

先入観、または思い込みという言葉でもいいのですが、ゴルフを続けていく場合に、マイナスの方に作用することがしばしばあるようです。この先入観が特に影響するのは、スイングとクラブ選びによく見られます。

スイングにおける先入観

「最後までしっかりと振り切れ」ということは、あちらこちらで言われていますが、飛ばし屋と言われているプロで、しっかりと振り切っていないプレーヤーは結構いるものです。その一人が、アメリカのバッバ・ワトソン選手で、今年のアメリカツアーで、現在平均飛距離がナンバーワンです。

彼は背は高いのですが,身体の横幅はそれほど大きくなく,ものすごく力があるようには見えません。彼のドライバーショットは、時々フィニッシュでの両手の位置が,肩の辺りで止まることがあります。一見すると、ハーフショットかスリークオーターショットをしているように見えますが、グリーンまで320ヤードのセカンドショットを、フェアウェイからドライバーでグリーンに届かせる,考えられない飛距離を放ちます。

振り切らなくてはボールが飛ばないと思っている人には、ワトソン選手のフィニッシュが小さいことが,おそらく目に入らないと思います。思い込みのある人は,真っ白な気持ちで他人のスイングを見ることが出来ない,今までそう言う場面を数多く見てきました。

クラブ選択の先入観

写真のクラブは、私が今使っているアイアンで、フラットバックと呼ばれるものです。私のクラブを見て、「難しいクラブを使っているのですね」という方が結構いますが,その人に「以前はフラットバックのアイアンを使っていたのですか?」と聞くと、「難しいので、キャビティバックのアイアンしか使ったことはありません」と答えられます。

フラットバックのアイアンを使ったことがないのに,「難しいアイアン」と断言する根拠はどこから来ているのでしょう?それがまさに先入観なのだと思います。経験していないにもかかわらず,あたかも体験したように,結論づけています。

私のところの最近のお客様で,これから本格的にゴルフを始めるに当たり、クラブを作る相談に来られて、私と同じアイアンを作った人が三人みえます。先入観をお持ちの方は,初心者がフラットバックを使うなんてとんでもない話だと,憤慨するかもしれませんが、私は決して間違った選択ではないと思っています。

クラブを作って1年から1年半ぐらいたち、スイングもはじめの頃に比べれば力強くなり,上達というか成長を感じますが、彼らが練習に来たとき、「簡単」と言われるキャビティバックの大きなアイアンを渡して,打ってみたらと言うと,「大きすぎて構えにくい」とか「振りづらい」と答えます。

彼らは,他のゴルファーに比べたら,先入観はあまりなく、彼らの感じている感覚は正しいものだと私は思います。今まで持っていた先入観を否定してみると、違ったものが見えてきたり,上達の大きなヒントを得るかもしれません。これからまだ長くゴルフが出来ると思いますので,勇気を持って「否定」してみて下さい。


「技術を伝える」の本質とは

万人に共通の技術はない

前回は、スポーツにおける「技術」は、すべて言葉や文字に表すことは出来ない,と言う話をしました。たとえば、「オンプレーン上にクラブヘッドを動かす」という表現があり、テレビやDVDでしゃべっているティーチングプロがいますが、オンプレーン上にクラブが動いていなくても,安定した成績を上げているツアープロは大勢います。

技術を教えると言うことは,文字や言葉で説明して,そして実際にボールを打ってみて(実践)、これを何度も繰り返す。繰り返しているうちに、やがて良いショットが時々打てるようになったとき、教える側は「今の打ち方がいい」と言い、教わる側は「この打ち方なのか」と感触を掴みます。

ここで大事なことは、「この打ち方」や「今の打ち方」はすべて言葉では表現できないと言うことです。これは、本人自身しかわからない感触なので,これを第三者に伝えることは出来ないものです。伝えれないものが「技術の本質」だと思います。

技術を教えることに一方通行はない

技術を習得すると言うことは、頭(脳)ではなく身体で覚えることなのですから、教える側と教わる側のキャッチボールガ、絶えることなく続くのです。テキストのようなものがあり、「このように打てば上手くなりますよ」と渡されて、それを黙々と繰り返す、そのような一方通行では、技術は絶対に伝わらないと私は痛感しています。