選択されているタグ : ゴルフのスキル

タグを絞り込む : AMATEURISM ゴルフ理論

構え

写真は、アメリカの偉大なゴルファー2人のグリップです。向かって左が「ビリー・キャスパー」、そして向かって右が「ジャック・ニクラウス」です。両者とも、左手の中指のナックルが見えて、右手の握りもかなり浅いように見えます。俗に言う「フックグリップ」と言われる握り方です。

アドレスのボールの位置

「どうしても、打つときに突っ込んでしまう」と、スイングの悩みを話される人がよくいますが、ボールを打ってもらうと、たいていの人はボールをかなり左の方にセットしてます。ドライバーであれば、左足のつま先の前辺りで、アイアンが左かかとの前ぐらいにボールを置きます。

この位置にボールを置いてショットしようとすると、インパクトの時、身体を左に移動させなければ、クラブヘッドはボールに届かないはずです。「身体が突っ込んでしまう」と言っている人の多くは、アドレスで「突っ込んで打つ」体勢をしっかり準備しているだけのことが、非常によく見られます。だから、ボールの位置を2、3個右に移動してもらうだけで、「突っ込み」は解消されます。

「アイアンのボールの位置は、左かかと線上」というのがよく言われます。鏡の前でアドレスして、身体を動かさないでクラブヘッドを左かかとの方に動かしてみると、両手を伸ばさない限り、クラブヘッドは地面から離れていきます。両手でクラブを持っていれば、あごの真下である身体の中央が、クラブヘッドの最下点になるはずです。

構えを大事にする人が本当の理解者

左手を写真のようにやや被せて握るのが、一番強くボールを打てるグリップの向きなのですが、左手の甲が目標を指す、というのも未だによく言われています。このようなグリップでショットすれば、インパクトでフェースが開きやすく、スライスボールが出やすくなります。

スライスが出ないように打とうとすると、両手をより強く回転(ターン)するなど、不自然な動きをしなければ、ボールは真っ直ぐ飛んでくれません。強くターンすれば真っ直ぐ飛ぶから良いのではないか、と思う人は多いと思いますが、それでは実践(コース)で結果を残しにくくなります。コースでは、目標にボールを運ぼうという意識が強く働き、自分が思うほどスイングに意識をおけません。

グリップやボールの位置など、「構え」に問題があると、安定したゴルフを続けることは難しくなります。他人からスイングについてアドバイスを受けることがあると思いますが、自分の正面に立って、グリップとボールの位置などアドレスを十分にチェックしないで、いきなりスイングについてアドバイスを始めたら、その人のことは聞かない方が、ご自分のためになると思います。


 何となく

バンカーショットの上手くない人から、グリーンサイドのバンカーショットでの距離感の出し方を尋ねられて、明瞭に答えることの出来る人はいるでしょうか?私には、明瞭に答えることは絶対出来ません。ピンまで15ヤードと、ピンまで20ヤードのショットの距離の差の出し方など、ものすごく複雑な事をしていると思います。

明瞭な言葉で表しているものほど怪しい?!

15ヤードと20ヤードのバンカーショットの違いは、インパクトのヘッドスピードの違いだけではないはずです。砂を少し薄くとって距離を調整しているかもしれません。または、フェースの開き具合を少し少なめにして、対応しているかもしれません。勿論、今述べた3つを上手く組み合わせて、距離に対応していることは十分あり得ます。

調子の良いときは、30ヤードぐらいのバンカーショットでも、2、3メートルぐらいに寄せることがあります。ショットした後、どのくらいの強さで打ったのか、どのくらい薄く砂をとったのか、それと自分でも不思議に思うのですが、どのくらいフェースを開いていたか、思い出すことが出来ないときがあります。調子の良いときほど、思い出せないように感じます。

言葉に縛られるから「感覚」を失う

「ボールの手前に打ち込む位置は一定にして、スイングの大きさだけで距離を調節する」と教えてあるレッスンがありますが、本当に可能でしょうか?比較的近いバンカーショットなら、ある程度可能でしょうが、距離のあるバンカーショットになると、ピンまで届かないことをゴルファーは感じ取ります。そうなると、何とかと届かせようとして力んだスイングになり、大ダフリやホームランが出やすくなります。

バンカーからの距離感は、何度も練習をして、「何となく」距離を合わせるしか方法はないと思います。先ほど、調子の良いときはフェースの開き加減を覚えていない、と書きましたが、これは勝手に身体がボールをピンの近くに寄せようとして、砂の質なども見極めながら、フェースの向きや砂のとる量を決定しているのでしょう。ボールをピンに寄せることのみに集中しているので、フェースの向きなど記憶にない、ということになります。

「肩の高さまで上げると50ヤード飛びます」と教えられると、肩まで上げることに意識を集中して、「感覚」を全く失った状態でゴルフを続けることになります。そのような人たちのスイングは、一目見ただけでよくわかります。不自然であるし、躍動感がありません。全てのショットにおいて、「感覚」に任せるゴルフをしなくてないけません。皆さんがよく口にする「調子の良いときは、何にも考えていない」と言っているではありませんか。


調子が悪い!?

写真は,私が今使っているアイアンですが、フラットバックを使う理由の1つに、芯を外してショットしたらすぐにわかる、ということがあります。フォーム、または技術というものは,常に動く、または変化しやすいものだと思います。

調子が悪い

「今調子が悪い」と口にする人は多いです。調子の悪い人に,いつ頃から悪いのですかと尋ねると,中には2、3年前から悪いと答える人がいます。2、3年も悪ければ,調子が悪いのではなく,実力が落ちたと考えるべきではないでしょうか。

調子が悪いという言葉は,調子が元に戻れば、またいいゴルフが出来る、という安心感を自分に与えます。これが、調子が悪いという状態から抜け出せないのではないでしょうか。

同じ事の繰り返し

調子が悪いと言っている人の中に,同じ練習をくりかえしている人が圧倒的に多いように感じます。首をかしげながら、またはグチを言いながら同じ練習をしている、だから好転することはないのでしょう。

石川遼プロは、調子が悪いのか?

ショップに来られるお客様から、「遼くんは調子悪いね」と問いかけられることがよくあります。気心が知れたお客様には、「調子が悪いのではなくて、今のが彼の実力なのではないでしょうか」と答えることがあります。

彼のショットを、飛球線に対して後方から撮った映像を見ると、フォロースルーで,腕と身体の動きの一体感がなく、曲がりそうな打ち方だなと,私には感じられます。彼の今の成績は、たまたま悪いのではなく,実力が成績に反映されているのだと思います。

技術を追求するときの心構えとして、調子が悪いのか,実力なのかを峻別しなくてはいけません。本人が,実力が落ちているとはっきり認識したとき、初めて本当の自分に向き合える時ではないでしょうか。