欠点はなぜ治りにくいのか

練習しなくても、スイングは変わらない

私の会社は、15年ほど前まで練習場をやっておりました。練習場を閉鎖したあとも、ショップの方に買い物に来られたり、練習にみえる方もいらっしゃいます。中には、しばらくゴルフから離れていて、また再開したので、新しいドライバーを買いに来た、そのようなお客様の時々みえます。

プロ、アマを問わず、全てのゴルファーは「くせ(または個性)」を持っています。昔よく練習場に来られていたお客様が、10年間ゴルフをしていなく、また始めるのでクラブをそろえると言うことで、最初に試打クラブを打ってもらうと、昔の打ち方と全くといって良いほど同じです。その人は、テークバックの始め、かなりインサイドにクラブを引いて打つのですが、10年間クラブを持っていなくても、同じ動きを再現します。

私は、同じようなことを何度も見てきましたが、一旦からだが覚えた「動き」は、練習している、していないにかかわらず、身体から離れることは無いものだと感じます。だから、一旦身についた技術を変えようとすることは、想像しているよりはるかに大変な作業だと思います。ある程度の年数、ゴルフをしてきた人に、今のレベルから大きく上がることは、かなり不可能に近いと悲観的なことを言うのは、このような経験によっていると思います。

練習を継続していても「くせ」は出るもの

ホームラン王だった王貞治氏が、打ち方を変えてから数年は、悪い癖が何度でも出てきて、そのたびに調子を落とす、そしてまた懸命に練習を重ねてその癖を直す、それを本で読んだとき、ある面で凄く安心しました。あれだけの凄い記録を残した選手が、「技術」を変える過程で、同じ癖に何度も苦しむ、これが本当の姿なのだ、ということが分かったのが、私にとって大きな収穫になりました。

写真のジョーダン・スピース選手の、中学生ぐらいの時のスイングをテレビで見たことがありますが、今と同じで、フォロースルーでやや左肘が曲がっていたし、スイングのリズムなんかも、今とそっくりでした。もし、彼が左肘が余り曲がらないスイングに変えようとすると、相当な困難を伴うし、ひょっとしたら治らないかもしれません。肘が曲がっていることは、大きな欠点とは思いませんので、治すことはないのでしょう。

プロ野球の選手が、毎日練習をしても、なかなか治らないことが、我々アマチュアが時々練習をして治そうとしても、目的を達することは難しいと思います。ただ、上達を諦めることはないので、今の打ち方の中で、どこを治せば早く結果が出るのか、そこを見極めて、半年、1年とその練習を続ければ、スコアアップにつながると思います。「見極め」のできる人が、近くにいることが必要不可欠です。


打ちやすいように打つ

よいスイングをするジュニアゴルファー

小学生や中学生などでゴルフをしている子ども達の多くは、かなりいいスイングをしている場合がありますが、彼らは「力(ちから)」がない、そして身体が柔軟であるから、「打ちやすい」または「振りやすい」ようにボールを打っているので、結果的に「いいスイング」になりやすいのです。

投げる、打つ、走る、など多くのスポーツ動作で理想とされるのは、「楽をする」つまり最小のエネルギーで、目的の動作を行う事だと思います。小さなエネルギーで目的とする動作を行う事ができる「技術」、すなわち投げ方や、打ち方を身につければ、その技術に多くの「力」を投入すれば、より遠くに飛ばしたり、より早いボールが投げることができます。

「打ちやすいように打つ」という言葉は、一見無責任のように感じますが、実は上で述べた「最小の力で動く」ための大事なヒントがあります。合理的な動きは、作るものではなく、正しい方向の練習を続けていくうちに、探し出すもの、または繰り返しの練習から、感覚的に身につける動きであると私は考えます。

「打ちたいように打つ」ではない

「打ちたいように打つ」は主体が自分であるのに対して、「打ちやすいように打つ」の主体は自分ではなく、クラブに発生している遠心力など、そのような色んな「力」であると考えます。そのような「力」に逆らわずにスイングすることが、大きなパワーを発揮したり、また再現性の高い動きになるはずです。

剣豪の宮本武蔵も「五輪書」の中で、剣は振りやすいように振りなさい、と教えています。宮本武蔵という人物は、物事を客観的、または科学的に考えているように思える人で、色んな剣の流派に「奥義」「秘伝」というものがあるが、そのようなものは、たいていの場合くだらないものが多いと述べています。

つまり「奥義」「秘伝」というものは、基本から外れた非オーソドックスな動きが、剣道の上級者に対して思わぬ動きとして有効であるのであって、初心者や中級者に対しては、かえって害であると述べています。ゴルフのレッスンには、「?」が付くものがよく見られますが、宮本武蔵も言葉は、技術を追求していく者にとって、参考になる言葉ではないでしょうか。


グリップの繊細さ

硬化したラバーグリップ

もの凄く硬化した、つるつるのグリップを使っている人を時々見かけます。カーボンシャフトより光っているような場合もありますが、そのクラブを借りてショットしたときに、よくミスショットが出ることがあります。思い返すと、トップよりダフルことの方が多かったように記憶していますが、最初の頃はたまたまのミスショットと思っていましたが、ある時偶然ミスが出たのではない、と感じるようになりました。

雨で濡れたグリップでショットした時に、まともにボールに当たらないことと同じ事で、グリップが滑らないように、無意識のうちにグリップを強く持つために、ミスが起こるのではないかというのが私の考えです。強くクラブを握ると、いつもより早くコックがほどけて、早くクラブが地面に落ちるのではないかと思います。

握る感触

写真は、ショップに展示してある45年以上前に製造されたクラブで、グリップは当時のままの革巻きです。すでに亡くなりましたが、戸田藤一郎というプロが時々自分で革巻きのグリップを、調子に合わせて巻き替えていたそうです。

昔あるトーナメントで、ギャラリーの1人が戸田藤一郎さんのバッグからクラブを抜いて、そのクラブを持ったのです。戸田藤一郎さんが戻ってきて、そのクラブを持ったとき、「誰か私のクラブを触りましたな」と言って、周りを見回したそうですが、そのぐらいグリップの感触を大事にしていたのです。

青木功プロは、毎試合自分で新しいグリップに変えていたのですが、グリップの感触を大事にしていたのでしょう。今述べた2人のプロゴルファーに共通していることは、傑出した業師(わざし)ということです。グリーン回りのショートゲームに要求される微妙なタッチや、弾道の高低などのボールを操る高度な技術は、繊細な感触を得るグリップと、密接な関係がありそうだと私は考えます。